今治市と尾道市周辺地域が舞台世界的自転車イベント「サイクリングしまなみ 2018」開催 秋晴れの中、7215人が快走

by 石川海璃 / Kairi ISHIKAWA
  • 一覧

 瀬戸内しまなみ海道(西瀬戸自動車道)を走る国際サイクリングイベント「サイクリングしまなみ 2018」が10月28日に開催され、国内外から集まった7215人の参加者がサイクリングと美しい景色、地元のグルメを堪能した。

生口橋を渡る参加者たち Photo: Kairi ISHIKAWA

2014年から2年おきに開催

 「サイクリングしまなみ」は、愛媛・広島県や関係団体などでつくる実行委員会によって2年おきに開催されるイベント。国内で唯一高速道路を走るイベントとして知られており、2014年の初開催から数え今年で3回目を迎える。

日が昇りきらない早朝にスタート。ライトを点灯し安全に走行した Photo: Kairi ISHIKAWA
因島南料金所から高速道路に入る参加者 Photo: Kairi ISHIKAWA
美しい海と橋をバックに走るトニー・ロー氏 Photo: Kairi ISHIKAWA

 今回は、尾道から今治を目指す新設コース「IMABARI 70」や、今治をスタートして尾道までを往復する「COMPLETE SHIMANAMI 140」(約140km)など、走行距離の異なる7コースが用意。海外からの参加者も多く、ジャイアント・グローバルグループ最高顧問のトニー・ロー氏も台湾のサイクリストと「追風騎士」というチーム名でエントリー。国内外合わせ、7215人のサイクリストが参加した。

 大会参加者は、尾道から今治に向かう約70kmのAコースが6時15分にスタートしたのを皮切りに、コースに合わせて今治と尾道間の旅をスタート。スタート後は少し肌寒い秋晴れの中、一般道と西瀬戸自動車道を含むサイクリングルートで走行を楽しんだ。

Aコースの第1エイドステーションではみかんゼリーやパンが振舞われた Photo: Kairi ISHIKAWA
第2エイドで記念撮影を行った「ジャイアント・アドベンチャー」によるツアーの面々。先日発表されたばかりの「ESCAPE RX-E+」でサイクリングを楽しんだ Photo: Kairi ISHIKAWA

 エイドステーションでは、地域住民など有志ボランティアがみかんゼリーなど地元グルメや飲み物を提供。サイクリストはコースの景色と共にグルメを堪能した。Aコースの参加者はスタートから約6時間かけ思い思いのペースでライドし、12時30分から13時頃にかけてゴールラインを通過した。

 約70kmのサイクリングに挑戦した愛知県の会社員前田幸大さんは、学生時代の友人と参加。「高速道路を走るという大変貴重な体験ができましたし、走行中は地元の方たちの暖かい応援が印象に残っています。大会スタッフのサポートも手厚く大変満足です」と笑顔で振り返った。

ゴール会場のしまなみアースランドに展開されたブース。自治体組織や飲食ブース、そのほかメーカーも出店していた Photo: Kairi ISHIKAWA
笑顔で記念写真に納まる(左から)永田彪さん、前田幸大さん、林拓哉さん、鈴木聡さん Photo: Kairi ISHIKAWA

 大盛況のうちに幕を閉じたサイクリングしまなみ。次回はオリンピック開催年の2020年に行われる予定だ。

関連記事

この記事のタグ

しまなみ海道 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載