バイクインプレッション2018ダイレクトな速さで性能を示す1台 スペシャライズド「S-Works ターマック ディスク」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 レースシーンで活躍するバイクのうちの一つ、スペシャライズド「S-Works ターマック ディスク」は、定評のあるオールマイティな性能を誇るフレームに、ディスクブレーキを装着したモデルだ。今回、性能を確かめるため、じっくりと乗り込み、世界トップのレースシーンで活躍する性能を試した。

スペシャライズド「S-Works ターマック ディスク」 Photo: Masami SATOU

 スペシャライズドのタ―マックは、オールラウンダ―な性格でホビーレーサーから、UCIワールドチームまで親しまれているバイクだ。その歴史は脈々と受け継がれ、過去にはロードレース世界選手権を何度も制する実力を発揮。現在では、UCIワールドチームのボーラ・ハンスグローエを軸に、技術力だけでなく、結果で性能を示しているバイクといえるだろう。

空力を意識しっつ、オールマイティな性能を発揮するリア三角 Photo: Masami SATOU
BBのボリュームは硬いと感じさせないながらも、大パワーを受け止める Photo: Masami SATOU

 今回試したバイクはスルーアクスルを採用したディスクブレーキとなる。同社他のラインナップをみると、空力を追い求めた「ヴェンジ」がリムブレーキ仕様を廃止したりと、メーカーのディスクブレーキへの入れ込み具合が分かる。速さに対する設計ということは明らかで、悪天候でのブレーキング性能のほか、乗り心地の良さを生かし、サイズごとのフロントフォークで仕様を変えるなど、絶妙なバランスを実現している。

 このバイクを試すにあたり、100km以上もの距離をしっかりと乗り込んだ。世界トップカテゴリーの山岳、平坦ステージ問わずに勝利を狙えるパフォーマンスバイクであると同時に、ディスクブレーキという新しい規格を取り入れた1台でもあるからだ。

長い時間、距離でもハイスピードで乗っていたいと思わせるオールラウンダー Photo: Masami SATOU

 もともと、ディスクブレーキは速さを求めるフレームが採用する規格だと認める一方で、足元の硬さが目立ち、好ましくないフィーリングが現れるバイクがあるのも事実として認識してきた。しかし、実際にこのバイクに乗ってみると、ディスクブレーキに対してネガティブな部分は感じず、むしろバイクの一体感を高めてくれる武器に思えた。

 優れた制動力を誇るブレーキである一方で、スルーアクスルは高い剛性を誇り、バイクとホイールの自然な一体感を表現。旧来のスルーアクスル採用のバイクと一線を画し、扱いやすさが非常に目立つ。上りでもディスクブレーキによる重量増を感じさせない軽やかさで、スイスイと加速をしていく。パワーを受け止めるBBは不思議と硬さが目立たず、懐の広さを実感させた。

 一踏み目から分かる推進力だけでなく、スプリントでも伸びる高い速度域の速さも魅力の一つ。前評判ではヴェンジの方が性能として勝っているとのことで、否が応でも期待が高まる。しかし、オールマイティな性格を求めるのであれば、ターマックはこの上ない選択肢となるだろう。完成車としての価格はなかなか高価だが、それに見合った効果と満足度を速さで示してくれる1台だった。

■スペシャライズド「S-Works ターマック ディスク」
税抜価格:1,242,000円(完成車)
サイズ:49、52、54、56
カラー:Satin Black/Silver Holo/Clean、Gloss Flo Red/Metallic White Silver/Satin Black

松尾修作
松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

カーボン カーボンバイク スペシャライズド バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載