解説冊子『必見!関ケ原』も刊行岐阜県が「関ケ原の戦い」の舞台を巡る5つのサイクリングコースを公開

  • 一覧
関ケ原古戦場をより楽しむ「関ケ原サイクリングコース」 ©「清流の国ぎふ」めぐる旅キャンペーン

 岐阜県観光連盟が手がける「『清流の国ぎふ』めぐる旅キャンペーン」がこのほど、関ケ原古戦場の史跡や要所を巡る「関ケ原サイクリングコース」を発表した。5つあるコースにはそれぞれテーマが設けられ、最短11kmの「決戦!関ケ原コース」から、最長100kmの「天下一!美濃戦国コース」まで趣向によって選ぶことができる。また、サイクリングの魅力をさらに深める関ケ原古戦場の解説冊子『必見!関ケ原』(税込600円)を新たに刊行。関ケ原駅前観光交流館など県内の3カ所で購入できる。

体力でも選べる5コース

 戦いの主要スポットを巡る『決戦!関ケ原コース』は、関ケ原古戦場を初めて訪れる人におすすめ。徳川家康最後の陣地や決戦地など主要な史跡を周遊するコースで、一周すれば関ケ原古戦場の魅力を広く楽しめる。走行距離も11.5kmと体力に自信のない人でも気軽に楽しむことができる。

 関ケ原古戦場のみならず、美濃にある信長・秀吉・家康ゆかりの地を巡り、“天下取り物語スポットを走破したい”という人は「天下一!美濃戦国コース」。関ケ原をスタート地点として、大垣城、墨俣一夜城、岐阜城などコース内のスポットは35カ所に上る。見どころ満載、コースの全長も100kmと内容・距離ともに充実のコースとなっている。

「関ケ原サイクリングコース」概要 ©「清流の国ぎふ」めぐる旅キャンペーン

 この他、軍師竹中半兵衛・重門ゆかりの地や平塚為広の居城だった垂井城跡、毛利諸隊が布陣した南宮山など関ケ原町から垂井町を巡る「策謀!垂井コース」(20km)、戦い前夜、西軍が大垣城から東軍が赤坂岡山から関ケ原に軍勢を移した道筋を辿る「出陣!東西進軍コース」(40km)。そして島津義弘が東軍を突破、戦場から退いた道筋や、島津豊久ゆかりの鳥頭坂、瑠璃光寺などを巡る「チェスト!島津退き口コース」(63km)を設定している。

関ケ原古戦場解説冊子『必見!関ケ原』 ©「清流の国ぎふ」めぐる旅キャンペーン

 サイクリングのサポートツールとして、WEBでダウンロードできる電子マップやコンパクトな紙のガイドマップ(「決戦!関ケ原コース」、「策謀!垂井コース」のみ)もあり、コース上のグルメ情報などもあわせて楽しむことができる。古戦場解説冊子の『必見!関ケ原』は写真や図表を多く用い、関ケ原の戦いに至るまでの歴史の流れについての解説に加え、史跡巡りに役立つ史跡ガイドやウォーキングガイドマップなども盛り込まれている。海外の観光客向けに英語版も同時に刊行する。

『必見!関ケ原』(英語版:『Must See! SEKIGAHARA』)

税込価格:600円
販売場所:関ケ原駅前観光交流館(岐阜県不破郡関ケ原町大字関ケ原598番地の4)
関ケ原町歴史民俗資料館(岐阜県不破郡関ケ原町大字関ケ原894-28)
関ケ原笹尾山交流館(岐阜県不破郡関ケ原町大字関ケ原1167-1)
仕様:A5版116ページ(英語版:A5版115ページ)
概要:◆関ケ原の戦いに至るまでの歴史の流れや前哨戦、本戦の流れを分かりやすく解説
◆史跡・陣跡巡りに役立つ史跡ガイド・ウォーキングガイドマップを掲載
◆日本語版には、巻末資料として関ケ原の戦い関連年表を掲載

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクリングマップ サイクリングロード 岐阜県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載