ルールに加え“安全な自転車”も重要広島で中高教員を対象に自転車通学指導セミナー 事故発生の現状や取り組み方を共有

  • 一覧
広島県で自転車通学指導セミナーが開催。自転車ジャーナリストの遠藤まさ子さんらが講演した Photo: Bicycle Safety Committee

 広島県内の教職員を対象とした「自転車通学指導セミナー」が10月16日、県立総合体育館で開かれた。県内の中学校・高校の教諭など28人が参加し、自転車通学における事故や指導の現状などが共有された。「自転車の安全利用促進委員会」と「一般社団法人自転車協会」が、広島県教育委員会・豊かな心育成課と共同で開催した。

 昨今では自転車通学中の中高生が事故に遭った際、被害者になるだけでなく、加害者になってしまう事故も多く発生している。“ながらスマホ”などによる事故も全国的に散見されることから、自転車通学指導の必要性は高まってきている。

 セミナーではまず県警交通企画課が広島県における中高生による自転車事故の現状について、続いて県立広島皆実高校の教諭が教育現場での自転車通学指導状況を報告した。

 また、自転車の安全利用促進委員会メンバーである自転車ジャーナリストの遠藤まさ子さんが、広島県で起こった自転車事故の事例や傾向を紹介した。さらに、法令遵守などのルール・マナーに関する指導はもちろんのこと、自転車の定期メンテナンスなど、自転車自体の安全性に関する指導の重要性を解説。実際に自転車通学の生徒の自転車を教員が一斉点検する学校の事例や、自転車安全整備店の協力を得て自転車通学の生徒全員の自転車の整備・点検を毎年実施している事例などを紹介した。

自転車の整備状況を見極めるポイントについてのレクチャーも Photo: Bicycle Safety Committee

 続いて自転車事故を未然に防ぐための自転車整備のポイントについて、広島県自転車協同組合の東田和浩代表理事が、実際の自転車を用いてレクチャーした。日々の点検に加え、自転車選びのポイントにも触れ、「90項目以上の安全基準をクリアした証であるBAAマーク付きが安心」と話した。

 セミナーに参加した教員からは「広島皆実高校の取り組みの話しを聞けて勉強になった」「自転車通学指導について迷っていた事を、講師の方々に質問できたのでよかった」といった声が聞かれ、今後の自転車通学指導に生かしていきたい姿勢だった。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド 自転車協会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載