500人以上が自転車で通学自転車マナーと点検・整備を高校生に啓発 福島・平工業高校で交通安全教室

  • 一覧
福島県の県立平工業高校で自転車に関する交通安全教室 Photo: Bicycle Safety Committee

 福島県いわき市の県立平工業高校で10月12日、全校生徒752人を対象とした自転車に関する交通安全教室が開かれた。「自転車の安全利用促進委員会」と「自転車協会」による開催。

 10月は5月と6月に次いで、年間でも中高生の通学中の事故が多い時期だ。例年秋の夕暮れは、急に日の入りが早くなることから、重大な事故につながるおそれのある交通事故が多発している。昨今では中高生が被害者になるだけでなく、加害者になる例も広く報道されている。

 今回の交通安全教室では、自転車の安全利用促進委員会メンバーで、自転車ジャーナリストの遠藤まさ子さんが、自転車のルール・マナーや通学時の注意点について講演した。遠藤さんの講演では、最寄り駅から学校までの通学路の危険地点をスライドで確認しながら、注意すべきポイントについて解説。遠藤さんは「安全に走るためには“きちんと止まれる”自転車に乗ることが大切」と話し、メンテナンスの有無による自転車のブレーキ性能実験動画などを紹介した。

 また、同校の教諭で自転車安全整備士の資格を持つ大樂郁仁(たいらく・ふみひろ)さんが、実際の自転車を用いて、日頃の点検・整備のポイントを解説した。

自転車マナーだけでなく、点検・整備のポイントも解説 Photo: Bicycle Safety Committee
購入時に「安全な自転車」が一目でわかるBAAマーク © Bicycle Association (Japan)

 整備だけでなく、購入時に安全な自転車かを見極めることも重要だ。見た目では判断しにくい自転車の安全性について遠藤さんは、「約90項目のテストに合格した、安全な自転車の目印であるBAAマークを確認するとよいでしょう」と説明した。

 いわき駅から約3km離れている同校では、全校生徒の過半数にあたる500人以上が自転車通学している。交通安全教室を受けた生徒は、「整備面から教えていただく講習は初めてでわかりやすかった」「きちんと乗っている自転車の点検をしたい」などと語り、交通マナーだけでなく整備の重要性に関心を示していた。

関連記事

この記事のタグ

マナーアップ 福島県 自転車協会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載