夜8時半からのレイトプランも用意NIPPO・ヴィーニファンティーニがジャパンカップの当日夜にアフターパーティーを開催

  • 一覧

 NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニが10月21日、ジャパンカップサイクルロードレースが終了した夜に、宇都宮市内でアフターパーティーを開催する。レースに参加した選手が訪れる予定となっており、アットホームな雰囲気が特徴。他のパーティー終了後にも参加できるレイトプランも用意された。

本戦を走り終えたばかりの選手が参加するジャパンカップアフターパーティー ©NIPPO VINIFANTINI

 恒例となったアフターパーティーは今年、本戦終了後の宇都宮市内で午後7時半スタート予定。場所はオリオンスクエアや東武宇都宮駅近くにある「Velo Cafe」となる。レースを終えた選手が6人のほか、監督やスタッフも参加し、ファンと近い距離で交流してパーティーを盛り上げる。立食形式での食事が振る舞われるほか、「ヴィーニファンティーニ」をはじめとした、チームスポンサーのファルネーゼヴィーニ社が取り扱う、厳選されたイタリアンワインの試飲ができる。赤ワインや白ワインに加え、発泡酒やソフトドリンクが10~15種類用意されフリードリンク制となる。

ファンとの距離が近く、アットホームな雰囲気が特徴 ©NIPPO VINIFANTINI

 非売品のチームグッズや過去のウェアなどが当たる抽選会も予定。参加者全員にヴィーニファンティーニのワインがプレゼントされるほか、申し込みから先着35人にダミアーノ・クネゴ(イタリア)の引退を記念したスペシャルワインもプレゼントされる。

 同日の宇都宮市内では各所でチームのジャパンカップアフターパーティーが行われているが、その参加者にもうれしい午後8時半からのレイトプランが用意された。レイトプランではドルチェやスナック、抽選会を楽しめる。パーティーを“はしご”したいロードレースファンにとってうれしいプランとなる。参加費用は通常1万円で、レイトプランは5000円。定員は50人まで。

「NIPPO・ヴィーニファンティーニ」ジャパンカップアフターパーティー概要

日時:2018年10月21日(日)19:30〜22:00頃
場所:「Velo Cafe」(栃木県宇都宮市宮園町8-8)
定員:50人
参加費:10,000円(通常)、5,000円(20:30からのレイトプラン)
※参加者全員にお土産ワイン付き
※先着35人には非売品のクネゴワインをプレゼント(レイトプランを除く)

関連記事

この記事のタグ

2018 ジャパンカップ イベント チームNIPPO 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載