男子獲得標高846mと厳しいコース東京五輪個人TTコース詳細発表 富士スピードウェイ発着の男子44.2km、女子22.1km

  • 一覧

 UCI(国際自転車競技連合)および東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は10月10日、2020年オリンピック・自転車競技個人タイムトライアルのコース詳細を発表した。男子は、富士スピードウェイを発着点として付近に描いた22.1kmのコースを2周回する44.2kmで争われる。女子も男子同一のコースとなるが、距離は半分の22.1kmとなる。アップダウンが大きく、最大高低差は221mに達し、男子の獲得標高は約846m、女子は男子の半分の約423mとなる。

富士スピードウェイを発着点とするコースに。女子は1周、男子は2周 ©UCI

 コースは富士スピードウェイをスタート後、約3kmあまり下りが続き、軽いアップダウンをこなして、4.9km地点以降、10.3kmまでひたすら上りが続く。10.3km地点からは15.5km地点まで下り、再び登場する約2kmの上り坂をこなして、高低差の緩いアップダウンをこなして1周回の22.1kmとなる。女子はこのコースを1周、男子は2周することになる。個人タイムトライアルは男女ともに2020年7月29日(水)の開催予定。

最大高低差は221m。5km続く登坂区間も登場する ©UCI

関連記事

この記事のタグ

2020東京五輪

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載