災害復興「がんばろう広島・愛媛」スローガン10月28日にサイクリングしまなみ開催 国内外から7000人出走

  • 一覧

 西瀬戸自動車道(しまなみ海道)を舞台に、10月28日に開かれる「サイクリングしまなみ2018」に海外26カ国・地域の約700人を含め、約7000人が出走すると愛媛県などで構成する実行委が発表した。同日午前6時~正午、今治インターチェンジ(IC)-因島北IC間は通行止めとなり、同区間の高速バスは運休またはダイヤが変更される。

来島海峡大橋をさっそうと駆け抜ける「サイクリングしまなみ」の参加者=2016年10月30日、愛媛県今治市

 大会では約30kmから約140kmまでの7コースが設定され、着順やタイムを競うのではなく、瀬戸内海の多島美やコース沿道のおもてなしを楽しむ趣向となっている。外国人700人を含め約7000人がエントリーした。

 鈴木大地スポーツ庁長官、モデルの日向涼子さん、道端カレンさん、タレントの稲村亜美さんらも出走し、沿道を盛り上げる。また、走行サポートとして今回初めて広島県警サイクルポリスや愛媛県警バイシクルユニットも参加する。

 前日の27日には午後2時から、今治市旭町の今治国際ホテルで講演会や歓迎レセプションなどを盛り込んだ「しまなみサイクリングサミット」が開かれ、サイクリングの楽しさを広める「しまなみ宣言」が発表される。

 また、西日本豪雨に被災した愛媛、広島両県の災害復興イベントとして「がんばろう広島・愛媛」をスローガンに、ゴール地点に義援金箱が設置される。

産経ニュースより)

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載