U23、女子も含めた包括的協力ジャイアントが「CCC」新チームとパートナー契約を発表 2019年から3年間

  • 一覧

 スポーツサイクルブランドの「GIANT」(ジャイアント)が、2019年よりプロロードレースチームの「CCC」と新しいパートナーシップを開始することを発表した。サポートを行うのは、UCIワールドチームの「CCC チーム」、アンダー23男子の「CCC ディベロップメント」、またジャイアントの女性向けブランド「Liv」(リブ)がエリート女子の「CCC-Liv チーム」をサポートする。契約期間は現時点で3年まで合意しているという。

ジャイアントと新たにパートナーシップを結ぶ「CCCチーム」の男女の顔となる2選手。グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(左)とマリアンヌ・フォス © GIANT

 ジャイアントは2018年まで5年間にわたり、現在のチーム サンウェブとスポンサー契約を続けてきた。2014年のジャイアント・シマノに始まるパートナーシップは、レースから製品開発まで広範囲にわたり、男女チームともに世界のトップシーンで大きな成功を収めてきた。

 新たなパートナーとなるCCCチームは、2018年シーズンまでBMCレーシングチームとして活動。しかしBMCのオーナーであるスイスの大富豪、アンディ・リース氏が今年亡くなったことで、チームはメインスポンサーを失い、一時期存続の危機に立たされていた。2019年シーズンからはポーランドに拠点を置く欧州最大のシューズブランド、CCCをタイトルスポンサーに迎えて、チーム体制を大幅に刷新すると伝えられていた。

 CCCの男子ワールドチームは、現オリンピック王者(2016年リオ五輪金メダリスト)の、グレッグ・ヴァンアーヴェルマートを中心に構成する。ヴァンアーヴェルマートは、パリ〜ルーベなど多くのクラシックレースや、ツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャのステージで優勝経験がある、ベルギーのスター選手だ。

 女子チームでは、世界チャンピオンを11回、オリンピックチャンピオンを2回獲得しているマリアンヌ・フォスがCCC-Livチームの中心となる。世界最高の女性サイクリストの一人として常に注目されるオランダのスーパースターは、過去チーム ラボバンクの選手時代にGIANTとLivを愛用していた経験がある。

 プロ男子チームは、ロードバイクのTCR、DEFY、PROPELとTTバイクのTRINITYを使用。プロ女子チームは、LivのLANGMAとENVILIVエアロバイクを使う。また全3チームは、バイク以外のヘルメット、シューズ、サドル、ホイールなどの開発においても、重要な役割を果たすという。

●GIANTグループ ブランディング最高責任者(CBO)フィービー・リューのコメント

 プロロード界はチームとスポンサーが常にダイナミックに動いています。私たちは、選手がベストパフォーマンスを出せることをサポートするミッションに沿って、最高のパートナーを見つけることに努めています。これらのパートナーシップは、あらゆるレベルのサイクリストにとって良い製品を開発する上で重要な役割を果たしています。チーム・サンウェブで達成したことを誇りに思うとともに、有望なCCCチームと新しいパートナーシップを始めることができることをとても誇りに思います。

●CONTINUUM SPORTS(CCCチーム運営会社)のゼネラルマネージャー、ジム・オコビッツのコメント

 CCCチームのテクニカルパートナーとしてGIANTを歓迎しています。世界最高のバイクの一つであるGIANTに乗った選手たちがレースで活躍する、私たちの新しい章がスタートします。GIANTのバイクはこれまで、タイムトライアル、クラシックレース、グランツールを含む様々なワールドツアーレースで結果を残してきました。これはテクノロジーとデザインに裏付けられた素晴らしい高性能の証です。CCCチームとして、CONTINUUM SPORTS社が来る2019シーズンにおいて新しい目標を達成するために、GIANTとのパートナーシップは最大限の自信を与えてくれ、一緒にワールドツアーレベルで成功を掴めるであろうことに興奮しています。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー ジャイアント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載