県紀北自動車学校で開催事故減へできること「自転車を正しく乗ろう」和歌山橋本でキッズスクール

  • 一覧

 和歌山県橋本市高野口町の和歌山県紀北自動車学校で、恒例の自転車教室「紀北自学セイフティキッズスクール」が行われ、地元の市立応其(おうご)小学校の6年生約60人が自転車の正しい乗り方などを学んだ。

紀北自学セイフティキッズスクール ルールを守って自転車を運転する児童ら=和歌山県橋本市(山田淳史撮影)

 児童らは教習指導員から「自転車は車道が原則、歩道は例外」「車道は左側を通行」といった自転車の交通ルールを学んだ後、教習コースへ。自転車のサドルをまたいだ際、両足が地面に着くかなどを確認したほか、交差点などでは一時停止して左右を確認してから進むというルールを守り、自転車を運転した。スクールに参加した山際瑠奈(やまぎわるな)さん(12)は「自転車に乗る機会は少ないが、教わったルールを守って運転したい」と話した。

産経新聞・和歌山版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載