「来期は必ず結果出す」與那嶺恵理が「アレ・チポッリーニ」ヘ移籍 来シーズンもヨーロッパを主戦場に

  • 一覧

 與那嶺恵理が10月3日、2019年からイタリア籍のUCI(国際自転車競技連合)女子チームの「アレ・チポッリーニ」へ移籍することがチームのチームの公式ツイッターで発表された。與那嶺は今期、同じくUCI女子チームの「ウィグル・ハイファイブ」に所属。全日本選手権ロードレース大会を制し、オーストリア・インスブルックで開催された世界選手権にも出場している。

世界選手権を日本代表として走った與那嶺恵理 Photo: Yuzuru SUNADA

 ウィグル・ハイファイブは元個人TT世界女王のリサ・ブレナウアー(ドイツ)や、ジロ・ローザで総合2位になった経験を持つエリーザ・ロンゴボルギーニ(イタリア)らが所属する強豪チームとして欧州中心に活動をしていたが、今季限りでのチーム解散を発表していた。

 移籍に関して、與那嶺本人のコメントは下記の通り。

無事に来季の契約を受け取る事が出来ました。

昨年もご縁がありオファーを頂き
今季はご縁が実り契約に至りました。

結果が必要な来シーズンとなります。
チームに結果でも仕事でも貢献できるよう
オフシーズンから真剣にダイエットに取り組み
1月のシーズンインから結果を出せるように準備を進めます。

今シーズンは多くを学び多くの失敗をしました。
来季は必ず結果を出します。

チャンスを頂けた事に感謝し
オフシーズンの準備を進めます

全てを力に変えて
Eri Yonamine

関連記事

この記事のタグ

UCI女子ワールドツアー 女子ロードレース 與那嶺恵理

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載