キナンの2019年度新体制発表も"入門ライダー向け"エンデューロ「ヴェロフェスタinモリコロパーク」 今年は12月16日開催

  • 一覧

 エンデューロ(耐久レース)系自転車イベント「ヴェロフェスタinモリコロパーク」が12月16日、愛知県⻑久⼿市の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で開催される。大会ではエンデューロレースのほか、バイクパフォーマンスショーやキッズスクールなど、レース以外にも楽しめる催しを多数用意。参加申込みは11月14日まで。

昨年開催の様子。キナンサイクリングチームとちゃりん娘を先頭に記念撮影を行った ©ヴェロフェスタinモリコロパーク

 ヴェロフェスタinモリコロパークは「入門ライダー向け」をコンセプトにしたエンデューロレースの大会だ。公園内に設けられた全長約5kmのコースには、高速コーナーやヘアピンカーブなど、様々なシチュエーションが待ち構える。走行時間は60分と120分から選択できるほか、ソロとペアのカテゴリーが存在。様々なニーズに対応している。

寒空の中大勢の参加者で賑わった(写真は2017年開催時) ©ヴェロフェスタinモリコロパーク

 大会の一番の特徴は、「ペアエンデューロ」というヴェロフェスタ独自のカテゴリーだ。通常のチームエンデューロとは異なり、チームのライダーが交替で別々に走るのではなく、一緒にスタートするユニークな方式を採用している。それぞれがこなした周回数を合計して競う形だ。例えば、60分ペアで申し込んだ場合、時間内に1人が5周、もう1人が6周したとすると合計11周がチームの記録となる。

 ゲストライダーには「キナンサイクリングチーム」のプロ選手や、女性自転車ユニット「ちゃりん娘(こ)」らが参加予定。初心者でも安心して走行できるようにコースガイドを務める。

大会は1周約5kmの広々としたコースで行われる(写真は2017年開催時) ©ヴェロフェスタinモリコロパーク
大会では、キナンサイクリングチームの来年度の新体制発表も行われ、退団、新加入の選手が発表される ©ヴェロフェスタinモリコロパーク

 その他の催しとして、自転車パフォーマーおかっぴさんによるマウンテンバイクショーと、HAROのランニングバイクを用いたキッズスクールも開催。さらにヨネックスのロードバイク試乗会や、キナンサイクリングチームの2019年新体制発表会も併せて行われ、レースを走る以外にも楽しめる催しが用意されている。

ヴェロフェスタinモリコロパーク

■開催日:2018年12月16日(日)
■開催場所:愛・地球博記念公園(モリコロパーク)サイクリングコース
 愛知県⻑久⼿市茨ケ廻間⼄1533-1
■カテゴリー:ソロ男子、ソロ女子、ペア男子、ペア女子、ペア男女
■走行時間:60分または120分
■参加費:60分エンデューロ/6,300円、ペア12,600円
  120分エンデューロ/6,900円、ペア13,800円
■募集定員:60分、120分ともに全5カテゴリーの出走者合計300人
■申込受付:11⽉14⽇(水)まで
 ※エントリー枠に空きのある場合、11月15日(木)~29日(木)
■申込み:「ヴェロフェスタinモリコロパーク」大会申込みページ

関連記事

この記事のタグ

エンデューロ 大会・イベント情報 愛知県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載