愛媛県内の道の駅で知り合う【富田林逃走】 「勝手についてきてうっとうしかった」自転車で日本一周の男、放置自転車使用で逮捕

  • 一覧

 大阪府警富田林署から逃走した無職、樋田(ひだ)淳也容疑者(30)が山口県周南市で発見された事件で、山口県警は9月30日、樋田容疑者と自転車で行動を共にしていた住所不定、無職の男(44)について、放置されていた自転車を使用したとして占有離脱物横領容疑で逮捕した。

←自転車で日本一周の男性と行動、約3週間前から 富田林逃走の樋田容疑者

 山口県警によると、男は自転車で日本一周の旅をしており、約3週間前に愛媛県内の道の駅で樋田容疑者と知り合ったという。逃走事件については知っていたが、一緒にいたのが樋田容疑者とは気付かなかったと説明。「1人で旅をしたかったが、勝手についてきた。うっとうしかった」とも供述している。

 樋田容疑者は、逃走直後に大阪府羽曳野市で盗んだ自転車で逃走を続けていたとみられる。男は樋田容疑者と野宿をしたり、道の駅を利用したりして一緒に行動。別々に移動することもあったが、事前に待ち合わせ場所を決めて再び合流していた。2人はしまなみ海道を通って愛媛県から山口県へ向かった可能性がある。

 男は樋田容疑者が食料品の窃盗容疑で現行犯逮捕された山口県周南市の道の駅「ソレーネ周南」まで同行していたが、当時は外で「服を乾かしていた」といい、樋田容疑者が店内から戻ってこないことから、いったん現場を離れていたという。道の駅の防犯カメラには、2人が一緒にいるところが写っていた。

 男の逮捕容疑は7月上旬~8月上旬、和歌山県橋本市で、何者かが盗んで放置していた自転車に乗り、横領したとしている。容疑を認めている。一方、大阪府警富田林署捜査本部は9月30日早朝、山口県警周南署で、加重逃走容疑で樋田容疑者を逮捕。身柄を大阪市中央区の府警本部へ移送した。樋田容疑者は加重逃走容疑について「すべて黙秘します」とし、調書への署名なども拒否したという。

産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載