サイクルシップ・ラズリでクルーズも東京発、しまなみ海道をゆったり走破する2泊3日の旅 JTBガイアレックのサイクリングツアー

  • 一覧

 JTBガイアレックが11月30日から12月2日までの3日間、“サイクリストの聖地”として親しまれるしまなみ海道を巡るサイクリングツアーを開催する。80kmを2日間で走破する行程となり、しまなみ海道を知り尽くしたガイドが帯同。並走者やメカニックが同行することで安心して参加することができる旅程となっている。

“サイクリストの聖地”を巡るサイクリングツアーが開催(提供:尾道観光協会)

サイクルシップでサンセットクルーズも

 しまなみ海道は広島県や愛媛県の間、瀬戸内海に浮かぶ島々を結ぶ景勝地。開けた景色や地元のグルメ、サイクリングロードの走りやすさが多くのファンから支持を集め、全国からサイクリストが訪れている。今年の10月からは自転車をそのまま船に乗せられるサイクルシップ・ラズリの就航が決定。船内には駐輪スペースのほか、自転車の整備工具貸し出しや無料Wi-Fiなど、自転車旅に欠かせない設備が整っている。

サイクルシップ・ラズリにも乗船(提供:尾道観光協会)

 JTBガイアレックが提供するサイクリングツアーは11月30日の朝、東京駅を出発して新幹線で広島県・尾道駅を目指す。「ONOMICHI U2」でランチをとったあと、生口島などをライドし、サンセットクルーズへ。この日は約30kmの走行となる。2日目は多々羅大橋や来島海峡大橋などを巡る約40kmのライド。3日目は今治でショッピングや観光を楽しんだ後、岡山駅経由で東京駅まで戻る旅程だ。

しまなみ海道を知り尽くしたガイドが帯同し、安心のライドを提供(提供:尾道観光協会)

 ライド中、故障や不測の事態があっても常にスタッフが帯同するので、ライドツアーが初めてのサイクリストでも安心だ。宿泊用の荷物は車に預けておくことができ、体力不足でリタイアする際も心配は無用。レンタルサイクルも用意されており、変速ギア付きのクロスバイク、シティサイクルから選択することができる。

3日間の旅行日程 ©JTBガイアレック

「サイクリストの聖地!しまなみ海道ゆったり走破2泊3日」概要

旅行期間:平成30年11月30日(金)~12月2日(日)
旅行代金:120,000円(2名1室)、124,000円(1名1室)
募集人数:25人(最小催行人数15名)
最小受付人員:1人
申込締切:平成30年11月9日(金)定員になり次第、締め切り
添乗員:同行(1日目尾道駅から、3日目の尾道駅まで)
食事条件:朝食2回・昼食3回(夕食なし)

関連記事

この記事のタグ

しまなみ海道 ツアー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載