ルバが総合4位をキープキナンはグアルディオラが8位 Tdバニュワンギ・イジェン第2ステージは集団スプリント

by 福光俊介 / Syunsuke FUKUMITSU
  • 一覧

 キナンサイクリングチームが出場中のインターナショナル・ツール・ド・バニュワンギ(International Tour de Banyuwangi Ijen、UCIアジアツアー2.2)は9月27日、第2ステージが行われた。今大会最長の179.3kmで争われたレースは集団スプリントによる勝負となり、サルバドール・グアルディオラが8位でフィニッシュ。個人総合上位につけるトマ・ルバ、山本元喜も集団内でフィニッシュし、順位をキープしている。

第2ステージはサルバドール・グアルディオラがチーム最上位の8位に入った Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

大会唯一の平坦ステージ

 大会初日にして最初の山頂フィニッシュが設けられた前日の第1ステージはアタックの応酬となり、キナンサイクリングチームはルバをステージ4位に送り込み、山本も6位とまとめた。続く第2ステージは、スタート以降進行方向を数度変えながら、大会拠点都市のバニュワンギを目指す。山岳ポイントが設けられておらず、今大会唯一の平坦ステージとなる。

選手たちのバイクを調整する中山直紀メカニック Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU
スタートエリアに集まった地元の生徒たち。フェンスを叩いて大盛り上がり Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU
場内整理に参加していた少年。凛々しい表情 Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU
ツール・ド・フランスさながらのキャラバン隊も出陣 Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

 レースは、アクチュアルスタートからアタックが頻発する状況が続く。最初の1時間は時速50kmに迫ろうかというハイペースとなり、キナン勢もライバルチームの動きを見ながらチェックに動く。60km地点を過ぎて、ようやく3人がアタックを決め、さらに3人が追走を開始した。メイン集団はリーダーチームのセントジョージコンチネンタルがコントロールし、キナン勢5人もその後ろにポジションを構えた。

スタート地点でチーム紹介を受けた選手たち。左からトマ・ルバ、山本元喜、マルコス・ガルシア、サルバドール・グアルディオラ、新城雄大 Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU
沿道では手作りの日の丸がはためく Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU
集団内を走行するトマ・ルバ Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

逃げを吸収し集団スプリントへ

 先頭では追走メンバーが合流し6人の逃げへと変化。メイン集団に対し最大で3分30秒差とするが、レース全体を通して主導権を握った集団が着々とタイム差を縮めていき、やがて射程圏へと捉える。フィニッシュまで残り30kmで5人を吸収し、その後残った1人もキャッチ。その間にメイン集団では数人のアタックが発生したが、ここはキナン勢も山本やルバが前方に位置して冷静に対処。レースを揺るがすような動きとはならなかった。

レース前半のハイペースに対応するマルコス・ガルシア Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU
先頭に出てアタックを試みる新城雄大 Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU
総合リーダーの後ろに隊列を組むキナンサイクリングチーム Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

 1つになったプロトンは、そのままバニュワンギ市内へ。市街地に設けられたフィニッシュに向けてスプリント狙いのチームがポジション争いを繰り広げる。鋭角コーナーが連続するテクニカルなルートをクリアして、最後の直線へと向かった。

大会は後半へ

 スプリント勝負となった最終局面で意地を見せたのはグアルディオラ。好ポジションから加速し、その勢いのまま上位争いへ。ステージ優勝こそならなかったが、8位でのフィニッシュ。集団内で落車が発生した関係で山本とルバが数秒遅れてフィニッシュラインを通過したが、残り3km以内でのトラブルに対する救済措置が適用され、トップと同タイム扱いとなっている。

ステージ優勝争いのスプリント。後方中央にサルバドール・グアルディオラの姿が見える Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU
山本元喜とトマ・ルバのフィニッシュ。ともに総合成績をキープしている Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

 大会は半分を終了。キナンサイクリングチームは、前日に引き続きルバが個人総合4位、山本が同6位をキープ。本格山岳となる残り2ステージで勝負をかける。

 28日に行われる第3ステージは、RTHマロン(RTH Maron)からカンタール・ブパティ・バニュワンギまでの139.4kmで行われる。中盤に3級山岳スンベルブル(Sumberbuluh)、さらにフィニッシュ前約30kmのところで3級山岳パケル(Pakel)を上る。特にパケルは頂上手前で最大勾配15%。舗装も粗く、これらの区間がレース展開に変化を与えるかが、大会全体の流れにも影響しそうだ。フィニッシュは第2ステージと同じ場所に設けられる。

サルバドール・グアルディオラのコメント

 路面の変化やクラッシュに注意をする必要はあったが、終始落ち着いて走ることができた。ステージ8位はスプリントでは全力を尽くした結果だ。

 チームの状態はよいと感じている。明日は重要なステージだし、その次の第4ステージも激しいレースになると思う。総合優勝を目指してチーム一丸となって戦いたい。

第2ステージ結果(179.3km)
1 ノヴァルディアント・ジャマリディン(インドネシア、PGNロードサイクリングチーム) 4時間9分17秒
2 ゲオルギオス・ボウグラス(ギリシア、ニンシャスポーツロッテリー・リボールサイクリング) +0秒
3 ベルナルド・ヴァンアールト(インドネシア、ジャヴァ・パルティザンプロサイクリング)
4 アイマン・カヒャディ(インドネシア、チームサプラサイクリング)
5 ニック・ファンデルメール(オランダ、グローバルサイクリングチーム)
6 ジュン・ハジョン(韓国、ウジョンブサイクリングチーム)
8 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、キナンサイクリングチーム)
23 山本元喜(キナンサイクリングチーム)
24 トマ・ルバ(フランス、キナンサイクリングチーム)
38 新城雄大(キナンサイクリングチーム)
80 マルコス・ガルシア(スペイン、キナンサイクリングチーム) +2分35秒

個人総合時間賞
1 マーカス・クレイ(オーストラリア、セントジョージコンチネンタル) 7時間51分27秒
2 マシュー・ゼノヴィッチ(ニュージーランド、セントジョージコンチネンタル) +1分37秒
3 ベンジャミン・ダイボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタル) +3分46秒
4 トマ・ルバ(フランス、キナンサイクリングチーム) +3分50秒
5 ジェシー・イワート(オーストラリア、チームサプラサイクリング) +4分57秒
6 山本元喜(キナンサイクリングチーム) +5分1秒
20 新城雄大(キナンサイクリングチーム) +10分52秒
71 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、キナンサイクリングチーム) +13分39秒
77 マルコス・ガルシア(スペイン、キナンサイクリングチーム) +16分23秒

チーム総合
1 セントジョージコンチネンタル 23時間40分10秒
3 キナンサイクリングチーム +13分54秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCIアジアツアー キナンサイクリングチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載