グッズ販売や特別展示も宇都宮市内に「ジャパンカップミュージアム」 10月21日まで期間限定オープン

  • 一覧
ジャパンカップミュージアム外観(イメージ) ©2018ジャパンカップサイクルロードレース実⾏委員会

 10月19日(金)~21日(日)に開催される「2018ジャパンカップサイクルロードレース」に合わせて、宇都宮市内に10月1日(月)から21日までの3週間限定で「ジャパンカップミュージアム」がオープンした。オフィシャルグッズの販売や写真展示、またジャパンカップをイメージしたオリジナルのフードメニューも提供する。

 ジャパンカップミュージアムは、オリオンスクエアに隣接する「下野新聞NEWS CAFE」内にオープン。オリオンスクエアは19日にチームプレゼンテーションや、20日にクリテリウムの表彰式が行われ、大会前半に熱く盛り上がるスポットだ。

2017年のミュージアムの様子 ©2018ジャパンカップサイクルロードレース実⾏委員会

 ミュージアムではオフィシャルグッズの販売はもちろん、雨の中熱戦を繰り広げた2017年大会の模様を撮影した写真パネルや、2015〜2017年の過去3大会を下野新聞で振り返るパネル等の展⽰を⾏う。

 また、しゃべって動くかわいいミニロボット「RoBoHoN」(ロボホン)が分かりやすくジャパンカップを紹介してくれるコーナーや、店内で⾃由に読める「サイクルマンガ」のコーナーも設ける。

「ジャパンカップミュージアム」開催概要

■場所:下野新聞NEWS CAFE 1F・2F
宇都宮市江野町8-12(オリオンスクエア隣)
TEL:028-637-8111
■営業時間:2018年10月1日(月)~21日(日)11:00〜19:00
※⾦曜、⼟曜、7日(日)は21:00まで営業
※毎週水曜定休日

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2018 ジャパンカップ 2018 ジャパンカップ・現地情報 栃木県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載