バイクインプレッション2018パワーメーター標準装備で28万円 ジャイアントの戦略的モデル「TCRアドバンスド 1 SE」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 ジャイアントを代表するロードバイク「TCR」のラインナップが刷新し、2019年モデルとして登場した。なかでも注目を集めているのが今回試した「TCR ADVANCED 1 SE」だ。税抜で30万円を切る価格でありながら、パワーメーターを搭載した高コストパフォーマンスの一台をレビューする。

ジャイアントのパワーメーターを搭載した「TCR ADVANCED 1 SE」 Photo: Masami SATOU

 かつてホリゾンタルフレーム全盛期の時代に、いち早くスローピングフレームのメリットを提唱したTCR。進化を繰り返しながら、現代にもフォルムを継承しつつ、第一線のレースで活躍している。TCR ADVANCED 1 SEはカーボンフレームのTCRでは上から2番目のグレードにあたる「アドバンスド」グレードを採用。ちなみに、「アドバンスド プロ」以上のグレードは、同素材のフレームでありながら、フロントフォークの規格などが異なる。

各チューブはスマートに集合し、重心を低く構える Photo: Masami SATOU
必要十分な推進力を生むボトムブラケット Photo: Masami SATOU
パワーメーターの「POWER PRO」が標準装備 Photo: Masami SATOU

 しかしながら、税抜28万円というプライスは衝撃的だ。カーボンフレーム、チューブレスレディホイール、クランク型のパワーメーターが全て含まれる構成は圧倒的にコストパフォーマンスに優れているだろう。パワーメーターはジャイアントが独自開発した「POWER PRO」で、左右のクランクにひずみゲージを内蔵。フォースベクトルの計測が可能で、ジャイアントのサイクルコンピューターだけでなく、業界標準の通信規格ANT+に対応する他ブランドのコンピューターとの接続も可能だという。

筆者が初めて選ぶならこの一台

 乗ってみた率直な感想は「全てにおいて必要十分」。この一言に尽きる。確かに上位モデルと比べて剛性は低い数値であろう。しかし、熟成が進んだ素材と形状に不満があるかと言われたら全くないと答えたい。癖がなく、コントローラブルな取り回し、路面の振動をいなすコンフォート性能と合わさり、優れたバランスを実現したモデルである。

これから本格的な競技を始めたいサイクリストに最もおすすめしたい一台 Photo: Masami SATOU

 ジャイアントのラインナップ内で、パワーメーターを普及させるべく登場した“戦略的特別モデル”に位置づけられるTCR ADVANCED 1 SEは、これから本格的に競技を始めたいサイクリストに最もおすすめしたい一台だ。誰もがサイクルロードレースの基本を学べると同時に、レベルアップしてもフレームを変えることなく長く対応してくれるスペックを誇る。自ずと欲しくなるパワーメーターが標準装備ならなおさらだ。筆者がこれから競技を始めるなら間違いなくこのバイクを選ぶ。

■TCR ADVANCED 1 SE
税抜価格:280,000円
サイズ:425(XS)、445(S)、470(M)、500(ML)mm
カラー:カーボン
変速:SHIMANO ULTEGRA 22Speed
重量:7.8kg(S)

松尾修作
松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

関連記事

この記事のタグ

ジャイアント バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載