バイクインプレッション2018レベルを問わない質実剛健なミドルグレード コラテック「R.T.カーボン」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 ドイツ生まれのサイクルブランド「コラテック」は、名匠マウロ・サニーノがハンドメイドバイクを手掛けることでも知られる。今回はミドルグレードの「R.T.カーボン」をインプレッション。登場から長きにわたりラインナップし、成熟された中核モデルの実力を試した。

コラテックのミドルグレード「R.T.カーボン」 Photo: Masami SATOU

 R.T.カーボンが登場してから約10年。質実剛健なドイツブランドらしく、現代のライドスタイルに合わせて進化したのがこのR.T.カーボンだ。一見してオーソドックスなスローピングフレームながら、各部にエアロ効果を狙ったカムテール構造を採用。ダウンチューブは大胆に後部がカットされ、ブランドネームが大きく面に描かれている。がっしりとしたフロントフォークも目を引く存在だ。フォークは弧を描くようなカーブとなる形状が特徴的だ。

走りを支える骨太のフロントフォーク Photo: Masami SATOU
ダウンチューブ後部はカムテール構造を採用 Photo: Masami SATOU
乗り心地の良さを狙った扁平したシートステー Photo: Masami SATOU

 リアに目を移すと、振動吸収性を高めるためにシートステーが扁平形状になっているのがわかる。BBから伸びるチェーンステーはLPC(ロープロファイルチェーンステー)形状を採用。低く位置するチェーンステーがチェーンとのクリアランスを生み、フロントが小さなチェーンリングを使用した場合でもフレームとの接触を避け、ダメージを軽減させる造りとなっている。

 また、フレームはEPS(Expanded Polystyrene System)と呼ばれる、伸縮性があるポリエステル素材を用いた工法で作成。内側から圧力をかけて成型することで、素材の肉厚を揃えるという。

長く使える一台

 走行性能は見た目に反することなくオーソドックスだ。ただし、これはマイナスポイントではなく強みでもある。超軽量でも、超高剛性でもないのは確かだが、乗り手の思い描く走りを実現してくれる。

フロントフォークが心強く、荷重をかけても安定 Photo: Masami SATOU
全体を通してバランスが良く、平均点は高い Photo: Masami SATOU

 ややしっとりとした踏み味は、スプリントでパワーをかけても上りのダンシング時でも脚を削らない。ロングライドでも最後まで体力を残したいサイクリストにとってはありがたい剛性感だ。PRO CONTROL FORKと呼ばれるフロントフォークはヘッドチューブ下やや後方から伸びているのが特徴で、実走でも優れた安定性を発揮。特に横剛性に優れており、荷重をかけてもラインが乱れたり、乗り手に不安感を与えることはない。ハンドリングもニュートラルで、思い描いたコーナリングラインをなぞることができた。

 今回試したバイクには最新コンポーネントのシマノR7000系「105」が装着されていた。価格も税抜25万円を下回っており、最初のロードバイクとして迎えても長く楽しめる一台となるだろう。フレームセットでのラインナップから、デュラエースのDi2(税抜64万9000円)も用意。幅広いレベルのサイクリストに受け入れられるバイクであった。

コラテック「R.T.カーボン」
税抜価格:249,000円(105仕様完成車)
サイズ:46、48、51cm
カラー:CARBON/BLUE(サイズ:46、48cm)、RED/GRAY、MATT BLACK/GOLD

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

20~30万円 コラテック バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載