UCIアジアツアー「ツール・ド・シアク」インドネシア・スマトラ島で4日間のレースが開幕 キナンは初日、新城雄大の30位が最高

by 福光俊介 / Syunsuke FUKUMITSU
  • 一覧

 キナンサイクリングチームが出場する、インドネシア・スマトラ島中央部を舞台に行われる4日間のステージレース、ツール・ド・シアク(Tour de Siak、UCIアジアツアー2.2)が9月18日に開幕した。第1ステージはライバルチームの選手2人による、集団に4分以上のタイム差をつけての逃げ切りの展開に。レース中盤にかけてメイン集団のコントロールに加わったキナンサイクリングチームだったが、第2ステージ以降はタイム差を挽回し総合成績で上位浮上を狙うとともに、ステージ優勝も意識して戦っていくことになる。

集団の前方に位置する新城雄大。すぐ後ろはマルコス・ガルシア Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

4日間で523.17kmの戦い

 キナンサイクリングチームにとって今大会は、実質2018年シーズン第2ピリオドの始まりを告げるレース。8カ国から13チームが集まった総距離523.17kmの戦いに、チームは山本元喜、マルコス・ガルシア、サルバドール・グアルディオラ、トマ・ルバ、新城雄大を招集した。

ホテル出発前に5選手そろっての記念撮影。左から新城雄大、山本元喜、トマ・ルバ、サルバドール・グアルディオラ、マルコス・ガルシア Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

 ライバルチームの多くがスプリンターを擁するなど、ハイスピードバトルが予想されるなか、キナン勢はあらゆるレース展開に対応できるようバランス重視の布陣を敷いて臨む。

 4ステージはいずれも、スマトラ島中央部のシアク市を拠点とし、スタート・フィニッシュは同市街地に設けられる。18日に実施された開幕ステージは、シアクを出発し、ダユンで折り返す52.52kmのコースを、おおよそ3周回する154.18km。南北を行き来するルートがセットされた。

2人の逃げが集団の追い上げをかわす

 レースは序盤にオーストラリアのセントジョージコンチネンタルチーム勢が、立て続けにアタックを成功させ、そのまま2選手の逃げが決まった。キナン勢は山本や新城らが集団前方に位置し、効果的な動きを狙ったが、メイン集団全体にペースの上下が繰り返されたこともあり、先行する2人とのタイム差が広がっていく。

スタートするプロトン。右に日本チャンピオンジャージの山本元喜の姿が見える Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU
逃げを試みる新城雄大 Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU
街のシンボルでもあるシアク・スリ・インドラプラ大橋(シアク王国大橋)を渡るプロトン Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

 しばらくは1分台で推移した逃げとメイン集団とのタイム差だったが、2周回目に入って2分を超える差となったことから、ルバやガルシアが集団コントロールに参加。他のスプリンターチームとともに前を行く2人との差を縮めていく。

 一時は約2分差としたメイン集団だったが、3周回目に入っても先頭2人の勢いは衰えず、やがてその差は開く一方に。結局、序盤から逃げた2人は、最終的に後続に4分半もの大差をつけてフィニッシュに到達した。

トマ・ルバが集団コントロールに加わる Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU
上位を独占したセントジョージコンチネンタル勢。マシュー・ゼノヴィッチがステージ優勝 Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

セントジョージが1〜3位を独占

 逃げ切りを許したメイン集団だったが、フィニッシュを目前に動きが発生した。大型橋の上りを利用して、3選手がアタック。キナン勢もチェックに動くも、合流ならず。集団の追い上げをかわした3人のうち、2選手がセントジョージコンチネンタルチーム勢。結果的に、1位から3位までを同チームが独占した。

レースを振り返る新城雄大と山本元喜。悔しさが表情に表れる Photo: KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

 キナン勢のこのステージは、新城の30位が最上位。グアルディオラが36位、山本が42位で、いずれもメイン集団でのフィニッシュとなっている。

 19日に行われる第2ステージは、シアクをスタートし、セイ・アピトで折り返し。シアクへと戻ってフィニッシュを迎える115.45km。追い上げる立場となったキナンサイクリングチームは、高低の変化が少ない平坦ステージで逃げやスプリントなど、さまざまな動きに対応しながらレースを進めていくことになる。

●新城雄大のコメント

 序盤からのアタック合戦は想定通りで、メンバー全員が逃げにトライできる位置をキープして走っていた。ところが、セントジョージコンチネンタルの1人が先行したところで自分が追ったものの、さらにもう1人を行かせてしまうような格好になってしまった。それからは集団に待機して、スプリントに備える形をとった。終盤の3選手のアタックにも反応しきれず、その後のスプリントもポジションを下げてしまい、思うような結果には至らなかった。

 久々のレースでイメージしていたような走りができず、悔しい形になってしまった。残り3ステージあるので、しっかり切り替えて、表彰台を狙って走っていきたい。

ツール・ド・シアク第1ステージ(154.18km)結果
1 マシュー・ゼノヴィッチ(ニュージーランド、セントジョージコンチネンタル) 3時間18分29秒
2 マーカス・クレイ(オーストラリア、セントジョージコンチネンタル) +2秒
3 ライアン・カヴァナフ(オーストラリア、セントジョージコンチネンタル) +4分32秒
4 ディラン・ペイジ(スイス、チームサプラサイクリング) +4分33秒
5 ベンジャミン・ダイボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタル)
6 プロジョ・ワセソ(インドネシア、ジャワ・パルティザンプロサイクリング) +4分51秒
30 新城雄大(キナンサイクリングチーム)
36 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、キナンサイクリングチーム)
42 山本元喜(キナンサイクリングチーム)
58 トマ・ルバ(フランス、キナンサイクリングチーム) +9分17秒
59 マルコス・ガルシア(スペイン、キナンサイクリングチーム)

個人総合時間賞
1 マシュー・ゼノヴィッチ(ニュージーランド、セントジョージコンチネンタル) 3時間18分13秒
2 マーカス・クレイ(オーストラリア、セントジョージコンチネンタル) +8秒
3 ライアン・カヴァナフ(オーストラリア、セントジョージコンチネンタル) +4分44秒
4 ディラン・ペイジ(スイス、チームサプラサイクリング) +4分49秒
5 ベンジャミン・ダイボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタル)
6 ディマス・セプトロ(インドネシア、BSPシアク) +5分6秒
29 新城雄大(キナンサイクリングチーム) +5分7秒
35 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、キナンサイクリングチーム)
41 山本元喜(キナンサイクリングチーム)
58 トマ・ルバ(フランス、キナンサイクリングチーム) +9分33秒
59 マルコス・ガルシア(スペイン、キナンサイクリングチーム)

チーム総合
1 セントジョージコンチネンタル 10時間1秒
10 キナンサイクリングチーム +9分59秒

関連記事

この記事のタグ

UCIアジアツアー キナンサイクリングチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載