チームカラーのレッドを全面に宇都宮ブリッツェンがジャパンカップで特別ジャージを着用 ファン向け限定販売も

  • 一覧

 地域密着型プロサイクルロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」が、10月20日、21日に地元・宇都宮市で行われる「2018 ジャパンカップ サイクルロードレース」で、特別仕様のジャージを着用する。チームカラーのレッドを全面に押し出したデザインとなっている。

限定モデルのジャージ。チームカラーの赤を全面に押し出し、集団にいてもすぐ選手を見つけられそうだ。着用モデルは左から、阿部崇之、岡篤史 Photo: CYCLE SPORTS MANAGEMENT

 限定ジャージは、赤を基調にジャージの両袖・両脇に、今年度のウェアに施された稲妻モチーフのジオメトリー柄を採用したモデル。20日に行われる「2018 ジャパンカップ クリテリウム」と、翌21日の「2018 ジャパンカップ サイクルロードレース」で着用する。

限定ジャージの前後デザイン © CYCLE SPORTS MANAGEMENT

 また、受注生産限定で、ジャージの販売も行う予定だ。予約期間は10月1日から11月5日まで。専門受注サイトで予約を受け付ける。

■2018JC限定 オーセンティックジャージ
税込価格:27,000円
サイズ:SSS、SS、S、M、L、O、XO
販売方法:完全受注限定生産で注文用専門サイトより申し込み
※サイズ交換返品不可
受注期間:10月1日(月)~11月5日(月)まで
納品時期:2019年2月下旬~3月上旬予定

関連記事

この記事のタグ

2018 ジャパンカップ 宇都宮ブリッツェン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載