セカンドキャリア支援を含んだ契約に宇都宮ブリッツェン、スーパーのたいらやとユニフォームスポンサー契約締結 選手の就業支援も

  • 一覧

 ロードレースのUCIコンチネンタルチーム「宇都宮ブリッツェン」の運営会社、サイクルスポーツマネージメントが、栃木県内で26店舗を運営する食品スーパーマーケットチェーンのたいらやとユニフォームスポンサー契約を締結した。宇都宮ブリッツェン所属選手と下部育成チーム「ブラウ・ブリッツェン」所属選手へのセカンドキャリア支援や選手の家族への就業支援も含んだ包括契約となる。

サイクルスポーツマネージメントの柿沼章社長(写真左)と、たいらやの直井則夫取締役管理本部長 ©サイクルスポーツマネージメント
たいらやのロゴ

 ユニフォームスポンサーの契約締結により、2019年シーズン着用ユニフォームの両袖に「たいらや」のロゴが掲出される。たいらやは栃木県内で26店舗を運営する食品スーパーマーケットチェーンで、うち15店舗は宇都宮市内で展開。地域密着型を掲げ、宇都宮市を拠点に活動するチームとの親和性も高そうだ。

 今回のスポンサー契約には、所属選手へのセカンドキャリア支援や選手および選手の家族への就業支援も含まれる。サイクルスポーツマネージメントによると、宇都宮ブリッツェン所属選手の引退後の選択肢のひとつとなるほか、所属選手の配偶者などの就業支援としても考えられるという。また、ブラウ・ブリッツェン所属選手には学生が多く、アルバイトを必要とする人も多いため、そうした選手の活動を支援する目的が含まれている。就業支援を含んだ契約については、今後も継続的に取り組んでいくという。

この記事のタグ

宇都宮ブリッツェン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

Cyclist TV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載