バックヤード見学ツアーに参加コンタドール氏が「さいたまクリテリウム」に来日 大会アンバサダーとして盛り上げ

  • 一覧

 さいたま新都心駅周辺で11月4日(日)に開催される「J:COM presents 2018 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」に、元プロロードレーサーでツール・ド・フランス通算2度の総合優勝に輝いた、アルベルト・コンタドール氏(スペイン)が来日することが決定した。大会アンバサダーとして、バックヤード見学ツアーにゲスト参加するなど、大会を盛り上げる。

来日が決まったアルベルト・コンタドール氏。開催中のブエルタ・ア・エスパーニャ第17ステージのゴール地点に姿を見せた =2018年9月12日 Photo: Yuzuru SUNADA

 昨年選手を引退したコンタドール氏は、1982年12月生まれの35歳。2003年にプロデビューし、2007、2009年のツール・ド・フランスで総合優勝を成し遂げた。このほかにもジロ・デ・イタリア(2008、2015年)、ブエルタ・ア・エスパーニャ(2008、2012、2014年)も制しており、グランツール(世界3大ステージレース)と呼ばれる3大会全てで総合優勝した、数少ないレジェンドレーサーの一人だ。「さいたまクリテリウム」には、今回が初めての参加となる。

ツール・ド・フランスは2007、2009年の2度総合優勝に輝いた(写真は2007年) Photo: Yuzuru SUNADA

 コンタドール氏は大会当日、オフィシャルサポーターズ「個人プラチナ」カテゴリーの特典「バックヤード見学ツアー」にゲストとして参加するという。

 来日決定にあたりコンタドール氏は、「これまでの日本での経験がどれも素晴らしいものだったので、さいたまクリテリウムへの参加を心待ちにしています。みなさん日本で待っていてください!」と日本のファンに向けコメントを発表している。

関連記事

この記事のタグ

2018ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載