「特例申請・報告を怠ったことは遺憾」愛三工業レーシングが禁止薬物陽性の選手に「活動停止、来季の契約更新なし」の処分

  • 一覧

 UCIコンチネンタルチーム「愛三工業レーシングチーム」は9月11日、2018年に加入した日本人選手に対し、活動停止及び2019年以降の契約を更新しないと発表した。

 当該選手は5月に堺市で行われた国際大会でドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示していたことが判明。薬物はレース前日までに使用したぜんそくの治療薬に含まれていたもので、後日「TUE(治療目的の特例措置)」を申請したが認められなかった。選手側は申請を認めるよう、日本スポーツ仲裁機構(JSAA)に申し立てたが、9月9日に棄却された。現段階で日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の判断は出ていない。

 同チームは、「中学時代から気管支ぜんそくの治療薬として使用していたとはいえ、チームやTUE(治療使用特例)への事前申請(報告)を怠っていたことは誠に遺憾」とし、本人に対し活動停止及び2019年以降の契約は更新しないと判断。「今後JADAアンチドーピング委員会のご協力をいただき、チーム内での教育体制を充実させ再発防止に努める」としている。

関連記事

この記事のタグ

ドーピング 愛三工業レーシング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載