サイクリスト

アスリートの夢の舞台、いよいよ現実味有明にベロドロームを建設、ロードは皇居前スタート “2020東京オリンピック”の自転車競技はこうなる!

  • 一覧
ロードレースのスタート会場となる「皇居外苑」ロードレースのスタート会場となる「皇居外苑」

 2020年東京五輪招致委員会が国際オリンピック委員会(IOC)に提出した開催計画書「立候補ファイル」から、自転車競技の開催計画の概要が明らかになった。ロードレースは皇居外苑をスタートし、調布市・府中市などにまたがる武蔵野の森公園をゴールとするコースを設定。トラック競技は、江東区有明に仮設のベロドロームを建設して開催される。

 以下、Cyclist編集部で種目ごとの開催計画を要約した。

2020年東京五輪 開催決定! 決選投票でイスタンブール破る (2013年9月7日)

 ■ロードレース

ロードレースのゴール会場となる「武蔵野の森公園」ロードレースのゴール会場となる「武蔵野の森公園」

 皇居外苑に設けられるスタート会場は、歴史的なお堀、気品ある公園、そして沿道の並木道が独特の雰囲気をかもし出すことだろう。スタート直後の沿道には仮設のスタンドが設けられる。コースは多摩の丘陵部へと続き、ゴールは調布飛行場の近くにある武蔵野の森公園。森の緑を背景に美しい景観が広がり、レースのクライマックスにふさわしい会場だ。コースの途中経路は明らかにされていない。競技会場の座席数はスタート、ゴール会場とも各1000席。仮設施設の工事費はスタート会場6億円、ゴール会場13億円。

 男子ロードレースは大会4日目の2020年7月25日(土)午前11時~午後5時15分、女子ロードレースは翌26日(日)の午後1時~5時15分に開催。またタイムトライアルは男女とも29日(水)に開催される。

 ■トラック競技

トラック競技会場の「有明ベロドローム」(右)とBMXコーストラック競技会場の「有明ベロドローム」(右)とBMXコース

 五輪競技会場や関連施設が集中する東京都江東区有明に、木製自転車トラックと5000人収容のスタンドを備えた仮設のベロドロームを建設して開催する。大会終了後は、木製資材のリユースや、施設の移設を検討するとしている。仮設施設の工事費は、BMX会場とあわせて計65億円。

 競技は7月30日(木)から8月4日(火)の6日間にわたって連日行われる。

 ■マウンテンバイク(クロスカントリー)

東京湾の埋立地に設置される「海の森マウンテンバイクコース」東京湾の埋立地に設置される「海の森マウンテンバイクコース」

 東京湾の中央防波堤外側埋立地に建設される広大な公園に「海の森マウンテンバイクコース」を設ける。都心から近く、対岸には東京の都市景観が広がるドラマチックな森林コースとなりそうだ。競技会場の座席数は1000席、ほかに会場内で2万3000人の立見を想定している。競技会場の工事費は13億円。

 競技は女子が8月8日(土)の午後4時~6時、男子が大会最終日の8月9日(日)午後3時半~5時半に行われる。

 ■BMX

 トラック競技のヴェロドロームに隣接してBMXコースが設置される。会場の座席数は5000席。競技は8月5日(水)~7日(金)にかけて行われる。

 ■トライアスロン

トライアスロン会場となる「お台場海浜公園」トライアスロン会場となる「お台場海浜公園」

 お台場海浜公園で開催される。会場は、都会の風景とお台場の歴史的建造物、そして自然の水辺が融合した景観が特徴。入り江の形をした公園はトライアスロンのコース設定に最適で、観客席から競技エリアを一望できる。バイクのコースは明らかにされていないが、お台場一帯で周回コースが設けられることだろう。競技会場の座席数は1万席、仮設施設の工事費等は15億円。水泳のマラソン10kmの会場にもなる。

 競技は女子が8月3日(月)の午前10時~午後0時40分、男子が8月4日(火)の午前10時から午後0時30分に行われる。

 ●パラリンピック

 ロードレースは9月2日(水)~5日(土)にお台場海浜公園で、トラック競技は8月27日(木)~30日(日)に有明ベロドロームで開催される。トライアスロンは8月29日(土)、30日(日)にお台場海浜公園で開催される。

 ●テストイベント

 ロードレース、マウンテンバイク、BMXは五輪の前年となる2019年の7、8月に、トライアスロンは同年9、10月に開催。トラック競技は五輪のおよそ半年前にあたる2020年1、2月に開催される。

◇           ◇

 自転車競技は各種目とも、競技会場に恒久的な施設建設は伴わず、すべて仮設の施設で行われる。五輪開催が実現した場合、その後にベロドロームを取り壊して資材リサイクルに回すのか、それとも移設して競技振興に活用するのかが大きな焦点になるだろう。また、埋立地の広大な公園に設けられるMTBコースが、将来も競技等に利用できるかどうかも注目される。

 2020年東京五輪の全体計画は、開催日程が7月24日から8月9日までの17日間で、大会運営費は約3000億円。1964年東京五輪でもメーン会場だった国立競技場を8万人収容に改築して開閉会式などを行う。中央区晴海に建設する選手村から半径8km圏内に競技会場の85%が収まる「コンパクトな大会開催」を掲げ、選手中心の計画としている。

 2020年五輪招致には、イスタンブール(トルコ)とマドリード(スペイン)も立候補している。開催地は今年9月7日にブエノスアイレスで開かれるIOC総会で決まる。

東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会HP

関連記事

この記事のタグ

2020東京五輪

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載