パーツ・アイテムインプレッション2018カレラオリジナルのカーボンクリンチャーをインプレ コスパに優れる意欲作

by 石川海璃 / Kairi ISHIKAWA
  • 一覧

 イタリアのバイクブランド「CARRERA」(カレラ)のラインナップは、ロードバイクだけではない。2019年モデルでは、ハンドル、ステム、ホイールが新たに登場する。今回はその中から、チューブレスレディの25mm、35mm、45mmハイトのクリンチャーホイールを試した。

25mmハイトのホイールはブルーのロゴステッカーが配される Photo: Shusaku MATSUO

流行の規格も抑えたホイール

 2019年モデルとしてアナウンスされたカレラオリジナルホイールは、チューブラーとクリンチャータイプがラインナップした。両モデルとも25mm、35mm、45mmのリムハイトが用意され、使用するシーン・用途に応じてチョイスできる。

スポークにはサピムのバテッドタイプを採用。フロント18本、リヤ24本で構成される Photo: Shusaku MATSUO

 全てのモデルはリムの高さ以外全て共通で、ハブにはメンテナンス性・耐久性に優れるカップ&コーン構造のシマノ9000系デュラエースを装備。スポークはサピム製のバテッドタイプで、フロントはラジアル組、リヤはフリー側がクロスで、反対側がラジアル組だ。リム幅は内幅17.9mm、外幅26mmのワイドタイプで、クリンチャータイプはチューブレスにも対応。手堅い作りながら、流行の規格もしっかりと抑えた仕様となっている。価格はチューブラーモデルが14万円(税抜)、クリンチャーが15万円(同)とカーボンホイールでは良心的な設定だ。

シャープな加速感を体現

 今回、インプレッションに使用したバイクはLOOKの「586」。ワイドリムが一般的でない時代のバイクだが、タイヤと車体のクリアランスの問題もなく、どのリム高のモデルでもブレーキのクイックリリースを操作するだけで装着できた。

身長162cm、体重58kgのCyclist新人編集部員・石川海璃がインプレッション Photo: Shusaku MATSUO

 まずは25mmハイトのホイールから試す。フロントはアウターの52T、リヤはロー側から3番目の21Tにして漕ぎ出すと、バイクがスーッと前に出てくれる。リムハイトが低い分、かなりシャープな加速感だ。そのままペダルを回し、ダンシングで加速すると瞬く間にスピードが乗る。速度に乗った勢いでスプリントしても、ブレーキシューにリムが接触せず、ホイール剛性も十分だ。また、リムハイトが25mmと高くないため、どんな速度域でも自分の意のままに操れる。ヒルクライムはもちろん、クリテリウムなど、加減速が頻発するレースシーンでも活躍できそうだ。

横風でも安定

横風でもハンドルを取られずに操作できる Photo: Shusaku MATSUO

 次に35mmを装着。ロープロファイルリムの軽い漕ぎ出しと、ディープリムの巡航性能を併せ持つ、“良いとこどり”をしたセミディープという位置付けのモデルだ。低すぎず、高すぎない絶妙なハイトのホイールは、どのシーンで使っても平均点以上でかなり扱いやすい。下りでは狙った通りのラインをトレースでき、横風区間もふらつくことなく安定したコントロールができる。筆者の様に成人男性で平均体重以下のサイクリストや、女性のサイクリストは、横風で煽られるディープリムよりも、こちらの方が圧倒的にメリットが多いと感じた。

オールラウンドに使える

バイクを左右に振ってもレスポンスが良い Photo: Shusaku MATSUO

 最後に45mmのディープリムをバイクに搭載した。リムハイトがある分剛性が高くなるため、パワーをロスせずペダリングできる。一方で、全体的の重量が増えた影響か、初期の加速は前述の2モデルより少しゆったりめな印象を受けた。

 しかし、スピードに乗せてしまえば、楽にペースの維持ができるのはもちろん、更なる加速も容易だ。特に平坦・下りでのスピードの伸びは非常に心地よく、ディープリムの恩恵を実感できる。上りにおいても、ホイールの重さによる影響はほどんどなく、斜度10%前後の坂であればスイスイと上れる。ディープリムでありながらオールラウンドに使える懐の広いホイールだった。

◇         ◇

 試した3つのホイールは基本スペックが高く、同価格帯のものと比べてみても、頭一つ出るレベルだろうか。税抜15万円のホイールとは思えない意欲作だった。

 なお、細かいスペックは現段階での情報のため、変更の可能性がある。詳しくは今後更新されるカレラのホームぺージでチェックしてほしい。

■カレラホイールセット
税抜価格:140,000円(チューブラー)、150,000円(クリンチャー)
参考重量:1220g(35mmチューブラー)、1410g(35mmクリンチャー)
リムハイト:25mm(ブルー)、35mm(レッド)、45mm(ホワイト)
リム幅25mm:(外幅・チューブラー)、26mm(外幅・クリンチャー)、17.9mm(内幅・クリンチャー)

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

カレラ パーツ・アイテムインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載