景色と地元グルメも堪能「伊豆大島御神火ライド2018」大島の起伏に富んだコースを450人が満喫

by 石川海璃 / Kairi ISHIKAWA
  • 一覧

 離島の自然とグルメを楽しむライドイベント「伊豆大島御神火ライド2018」が、東京都大島町で9月8日に開催された。目まぐるしく変化する天候の中、約450人の参加者が、起伏に富んだ大島一周のサイクリングを満喫。エイドでは地元グルメも味わった。

ゴールまで数kmの海岸沿いを走る参加者 Photo: Shusaku MATSUO

天気の関係でコースが変更に

ゲストライダーの4人。左から牧野ステテコさん、大宅陽子さん、猪野学さん、MCアケさん、栗村修さん Photo: Masahiro OSAWA

 伊豆大島は東京から約120km離れた太平洋上に浮かぶ、伊豆諸島最大の島だ。国立公園として保護された自然豊かで美しい景観が魅力的な場所となっている。イベントでは、伊豆大島外周の道路を結んだ46.8kmの「大島ぐるっと一周コース」と、三原山を一望できる山頂口へのヒルクライムを加えた73kmの「御神火チャレンジコース」を用意。朝から強風が吹くなど荒天となり「御神火チャレンジコース」は中止。全員が「大島ぐるっと1周コース」で出走した。第2回目の開催となる今年は、前年を大幅に上回る約450人の参加者が大島のサイクリングを満喫。ゴールに向けてペダルを踏んだ。

険しい上り坂をグループで走る Photo: Kairi ISHIKAWA
地層断面を見て指をさす牧野ステテコさん Photo: Kairi ISHIKAWA

 神奈川県の平山隼多さんは、「通勤で小田急の電車に乗るのですが、電車内に掲示されていた御神火ライドの広告が気になり、友人達と3人で参加してみました」と初参加。「御神火チャレンジコース」に申し込んでいたという。荒天で一周に変更された件について尋ねると、「少し残念ですが、島一周のコースでも、予想以上の起伏で走りごたえがありました。当初申し込んでいたチャレンジコースでは、さらに過酷な坂を上ることになっていたので、完走は難しかったかもしれません。それを考えると結果オーライですね」と語り、大島のライドを堪能していた。

筆島を背景に牧野ステテコさんと参加者が記念撮影 Photo:Kairi ISHIKAWA
エイドステーションで地元グルメを満喫する参加者 Photo: Kairi ISHIKAWA

 ゲストライダーには、Cyclistの人気連載コラム「“輪”生相談」でお馴染みの栗村修さん、“坂バカ俳優”猪野学さん、ヨガインストラクターの大宅陽子さん、お笑い芸人の牧野ステテコさんらが参加。一般参加者と共に大島を一周した。牧野ステテコさんは「距離は短くなりましたが、上りがいのあるコースでした。汗を沢山かいて気持ちよく走ることができました」とコメント。初めての大島ライドを楽しんだ。

インタビューを快く引き受けてくれた(左から)片岡了一さん、秋田真弥さん、平山隼多さん Photo: Kairi ISHIKAWA
無事完走しゴールする参加者 Photo: Shusaku MATSUO

※詳細なイベントレポートは後日掲載予定です。
※掲載写真は全てNIKON D7500と純正レンズで撮影しました。

伊豆大島御神火ライド2018

■主催:伊豆大島 御神火ライド実行委員会
■協賛:ニコンイメージングジャパン、Dr.ストレッチ、アヴァンギャレージ、大島椿、オムロン、サンケイビル、ポッカサッポロ、マニフレックス
■後援:東京都大島町

関連記事

この記事のタグ

ロングライド 伊豆大島御神火ライド2018 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載