バイクインプレッション2018シンプルなスタイルとニュートラルな性能が特徴 フォンドリエスト「TF1 1.4」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 かつてのロードレース世界チャンピオン、マウリツィオ・フォンドリエスト(イタリア)が立ち上げたブランドFONDRIEST(フォンドリエスト)。今回はセカンドグレードの「TF1 1/4」をインプレッションした。トラディショナルな形状のフレームに、軽量性を兼ね備えた癖のない乗り味の1台だ。

フォンドリエスト「TF1 1.4」 Photo: Masami SATOU

 TF1 1.4はホリゾンタル(トップチューブが水平)形状で、伝統的なフォルムを纏いつつ、フレーム重量はMサイズで795gと軽量にまとめられているのが特徴だ。5サイズが標準でラインナップされているが、スケルトンのオーダーが可能なのもポイント。オーダーした場合、体格によって形状や重量が多少前後するだろうが、上位モデルのスペックであることには変わりはない。素材は東レのカーボン繊維を使用し、40tグレードが用いられている。

直線的でシンプルなフォルム Photo: Masami SATOU
BBへ向かって形状が変化するダウンチューブ Photo: Masami SATOU
走りの肝となるチェーンステーは̻スクエア形状に Photo: Masami SATOU

 今回試したバイクはカンパニョーロの電動コンポーネント「レコードEPS」が装着されており、変速用のケーブルはグロメットを介してフレームへと収められていた。これはシマノのDi2にも対応し、もちろんワイヤーを用いた機械式コンポーネントにも組み付けOKだ。過度な装飾や奇抜な形状を用いず、シンプルさを追求したモデルとなっている。

高い速度域でも癖がない扱いやすさ

 ハンドリング、安定性、推進力の全てにおいて癖がないのが特徴だった。踏み出しはややマイルドに感じたが、必要十分な剛性で高いスピード域までストレスなく加速していく。非常に速度域が高い集団でライドを行ったのだが、ハイスピードのコーナリングでもニュートラルな性格をみせる。コーナリング中はアンダーでも、クイックでもなく、思い通りのラインを描けるので気持ちがいい。

癖が全くなく、ニュートラルな走りが特徴 Photo: Masami SATOU
軽さの中に優れた安定感を持ち合わせている Photo: Masami SATOU

 路面の凹凸に対しても直進安定性の高さを発揮し、車体がぶれることなく受け流すことができた。振動自体は伝わってきたので、コンフォート性能においては一長一短か。履くホイールによっては乗り味が左右されそうだ。装着されていたカーボンクリンチャーホイールはリムハイトがやや高く、こちらのスペックに引っ張られる感じもあった。リムハイトが低いホイールのほうが性能にマッチすると思う。個人的には大好物な走行性能とスタイルなので、インプレの走行距離も自然と伸びてしまった1台。ベテランも納得のピュアなロードバイクだった。

フォンドリエスト「TF1 1.4」
税抜価格:386,000円(フレームセット)
サイズ:XXS、XS、S、M、L、XL
カラー:チームカーボングリーンフロー(C)、カーボンイエロー(D)、マットカーボンレッド(E)
重量:フレーム795g(サイズM) フォーク360g

松尾修作
松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

関連記事

この記事のタグ

バイクインプレッション フォンドリエスト

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載