かつての五輪出場車を現代にケルビムの新プロジェクト 代表・今野真一氏のコレクションで組む1台限りのヴィンテージバイク

  • 一覧
新プロジェクト「ケルビム ヴィンテージプロジェクト」 ©CHERUBIM

 日本のハンドメイドバイシクルブランド「CHERUBIM」(ケルビム)が、新プロジェクト「CHERUBIM Vintage Projects」(ケルビム・ヴィンテージプロジェクト)を立ち上げた。「60’sロードレーサー。美しいロードレーサーフレームの追求」をテーマに、代表の今野真一氏が自らのコレクションの中から厳選した歴史的価値のあるパイプやラグを用いて1台限りのヴィンテージバイクを作製するというもの。ラグカット、彫刻、ロウ付け、全ての加工・工程を今野氏自身が行う。

©CHERUBIM
©CHERUBIM

 主な素材は「レイノルズヴィンテージ531」「ヴィンテージ531SL23φホークブレーズ」「伊・アグラッティラグ」「チネリBBシェル」「カンパニョーロFRエンド」「ヴィンテージCマーク」「仏・ボカマフォーククラウン」「16 Φシートステー」。付属品には「彫刻入りカンパニョーロシートポスト&クランクセット、Nittoパールステム」を使用する。カラーは2020年の東京五輪開催にちなみ、1967年のメキシコ五輪出場車のパールアイボリー&パールグリーンを現代に甦らせたデザインになる予定。

CHERUBIM Vintage Projects

納期:6カ月
税込価格:43万2000円
問合せ:e-mail info@cherubim.jp/Tel 042-791-3477

この記事のタグ

ケルビム 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載