新製品情報2018フェルトからロングツーリング向けロードバイク「ブローム」シリーズ登場

  • 一覧

 フェルトから、リラックスしたジオメトリーを取り入れたロングツーリング向けロードバイク「BROAM」(ブローム)が登場した。タイヤの太さは最大45Cまで装着できるほか、ブレーキはディスクタイプを装備。場所を問わず、優れた走破性を発揮し、快適なロングライドを実現するシリーズだ。

最上級グレードで、新型105を搭載した「ブローム30」 ©Felt bicycles

 フレームはバテッドタイプのアルミフレームとなり、フロントにはカーボンフォークを備えている。同社がラインナップする似たコンセプトの「VR」シリーズと比べ、500g分重量増することで堅牢性を強化。縦方向の柔軟性によって路面のグリップを確保しつつ、横剛性を高めて安定した走行を可能にした。ジオメトリーは長めのホイールベースにすることで、未舗装路での安定性を確保。また、ヘッドアングルを寝かせてフロントセンターを長めに設定することで直進安定性も高めた。

15万円(税抜)を切る価格で油圧ディスクブレーキを装備した「ブローム40」 ©Felt bicycles
ロングツーリングに最適な入門バイク「ブローム60」 ©Felt bicycles

 ホイールは650B規格にも対応し、グラベルを重視する場合は最大27.5×2.1のタイヤも装着が可能。太めのタイヤを装着できるフレームクリアランスを擁しているが、チェーンステーは短めに設定され、BBハイトも一般的なロードバイクに近づけ、軽快な乗り味を演出している。

 ロングライドには欠かせない荷物を積み込むラックマウント用アイレットのほか、泥除けなどを装着するフェンダーマウント用アイレットも設けられている。長距離の宿泊を伴うツーリングでも安心の設計だ。

走破性と安定性を両立し快適なライドを提供する「ブローム」シリーズ ©Felt bicycles

 登場したブロームは合計3種類。最上級モデルの「ブローム30」はシマノの新型105「R7000」系をインストールし、油圧式ディスクブレーキが標準で装備される。セカンドグレードの「ブローム40」はメインコンポーネントはシマノ「ティアグラ」をベースに、TRPのワイヤー引き油圧ディスクブレーキを装備。「ブローム60」はシマノ「クラリス」と「ソラ」のミックスコンポーネントで構成される。各種サイズは47~56までラインナップされる。

■フェルト「ブローム30」
税抜価格:198,000円
ディレイラー:シマノ105 R7000
レバー:シマノ 105 ST-R7020 /
ブレーキ:シマノ105 BR-R7070 (油圧式)
クランク:FSA「Omega Adventure Mega Exo」46/30T、11-34T 11速スプロケット
サイズ:47、51、54、56
カラー:カメレオンティール

■フェルト「ブローム40」
税抜価格:148,000円
ディレーラー:シマノ Tiagra
ブレーキ:シマノ Tiagra レバー / TRP HY/RD Hydraulic
クランク:FSA Omega Adventure Mega Exo 46/30T、11-34T 10速スプロケット
サイズ 47、51、54、56
カラー:ミストブルー

■フェルト「ブローム60」
税抜価格:118,000円
ディレーラー:シマノ Claris FD-R2000(フロントディレイラー)、Sora RD-R3000(リアディレイラー)
ブレーキ:シマノ Sora ST-R3000 レバー/Tektro MD-C550(ディスクブレーキ)
クランク:FSA「Omega Adventure Mega Exo 46/30T」、12-34T 8速スプロケット
サイズ:47、51、54、56
カラー:マットオブシディアン

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のタグ

10~20万円 グラベルロード フェルト 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載