次戦は9月末のロード世界選手権與那嶺恵理は総合35位でワールドツアーポイント獲得 ブールス・レディース・ツアー最終日

  • 一覧

 オランダで6日間行われたUCI女子ワールドツアー「ブールス・レディース・ツアー」は9月2日、最終日の第6ステージが18.6kmの個人タイムトライアル(TT)で行われ、與那嶺恵理(ウィグル・ハイファイブ)は個人総合35位でワールドツアーポイントを獲得した。

ブールス・レディース・ツアー最終日の個人タイムトライアルを走る與那嶺恵理 © Vélofocus

 TTのコースは完全平坦で絶対的パワーが要求される、比較的小柄な與那嶺にとっては分の悪いコース。タイムは伸び悩みトップと3分13秒差の、区間47位だった。

 個人総合順位は前日の32位から若干落としたものの、ワールドツアーポイント圏内の総合35位で、ウィグル・ハイファイブのチームで出場する最後のレースを締めくくった。チーム内の総合最上位はエリサ・ロンゴボルギーニ(イタリア)の12位だった。

得意ではないタイプの個人TTだがワールドツアーポイント圏内の順位を守った © Vélofocus
この日ウィグル・ハイファイブから出場した4人は、全員が各国の現TTナショナルチャンピオン。左から日本、ドイツ、フランス、イタリア © Vélofocus

 與那嶺の次戦はオーストリア・インスブルックで行われる、UCIロード世界選手権となる。9月29日に行われる女子エリートのロードレースに向け、與那嶺は2日後からオーストリアでトレーニング合宿を行うという。

 與那嶺のコメントは以下の通り。

 ひっそりとワールドツアーポイントを獲得です。

 6日目、最終日の個人タイムトライアル。流して走ったわけではないのですが、レース負荷が少し高かったです

 今年最後のウィグルでのレースが終わりました。
昨晩も色々ありまして…。チームメンバーは楽しくやっているのですが…。多くを学んだ一年となりました…。

 皆での集合写真。ああ、このチームでの活動も今日で終わり。じんわり心が温かくなりました。

最終日にチーム全員で記念写真 © Vélofocus

 さて、最終日の個人タイムトライアル。武井コーチからは無事これ名馬と、個人総合順位を落とさないように、ワールドツアーポイントを獲得できる順位でゴールしましょう。とのこと。総合40位までがワールドツアーポイントを獲得できます。

 コースはオランダのタイムトライアル。DHポジションで曲がれるかどうか微妙なコーナーが多々あり、上りはゼロ。とにかく馬力が要求されるコースです。正直に書くと得意ではないコース。ツアーポイント守れるかなと不安になりながら。

 スタートは相変わらずMCおじさんにいじられキャラで。また来年!そんな感じでスタートしました。

 レースは転ばないように丁寧に走りました(タイヤが何故か細いのです)。自分的には安全に。流したわけではないのですが、武井コーチからは流しすぎやなぁっと少しダメ出し。

 タイムは普通で身体のコンディションも普通。特に何かを得るわけでもなく、個人的なタイムトライアルでした。

 そして無事にワールドツアーポイントを獲得。これも大切なお仕事。

 このチームでの活動も今年はこれでおしまい。皆とハグをして、前日は皆と少しだけ呑んで。才能豊かな選手から多くを学ぶことができた今シーズン。ありがとうございます。

 そして、一年の総決算。いよいよ世界選手権。火曜日からオーストリアで合宿を開始します。

 何気ない日々に感謝しながら、次に進みます!

全てを力に変えて
與那嶺 恵理

関連記事

この記事のタグ

UCI女子ワールドツアー 與那嶺恵理

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載