元MTB世界チャンピオンらとの走行体験もメリダブランドの世界最大規模の施設「MERIDA X BASE」がオープン 乗車ライドも実施

by 大澤昌弘 / Masahiro OSAWA
  • 一覧

 バイクブランド「MERIDA」(メリダ)の展示・乗車施設の中で世界最大規模となる「MERIDA X BASE」(メリダ・エックス・ベース)が9月1日にオープンした。国内での独占販売権を持つミヤタサイクルが同日、施設のある静岡県伊豆の国市でオープンニングセレモニーとオープニングライドを実施した。

約200台のメリダバイクを揃えた世界最大規模の施設がオープン Photo: Masahiro OSAWA

バイクレンタルや温泉施設も

 メリダ・エックス・ベースは、メリダの最新モデルを取り揃えた展示・試乗施設。日本国内で取り扱う全車種、およそ200台を展示しており、好みの車種をレンタルすることができる。利用者には、ヘルメットやグローブなどの貸し出しサービスも用意。着替えのためのロッカーやライド後の汗を流す温泉施設もすぐ近くにあり、伊豆半島をメリダの最新バイクで気軽に楽しめる施設となっている。

メリダ初となるe-MTB「eBIG.SEVEN 600」の展示も Photo: Masahiro OSAWA
メリダのアクセサリ類も展示される Photo: Masahiro OSAWA

 同施設は今年7月、すでに報道陣らに公開されていたが、9月1日にオープニングセレモニーをもって正式にオープンした。

ミヤタサイクルの高谷信一郎代表 Photo: Masahiro OSAWA

 セレモニーのあいさつで、ミヤタサイクルの高谷信一郎代表は、伊豆エリアが2020年の東京五輪でロードレース、トラック、MTBクロスカントリーの舞台になると触れたうえで、「世界から熱い視線が送られる地だ。この場に施設を開設できたのは幸運。サイクルツーリズムで地域の活性化につなげ、静岡県東部が世界のサイクリストのメッカになれるようにしたい」と抱負を述べた。

 ゲストとしてあいさつした伊豆の国市長の小野登志子氏は、世界遺産の韮山反射炉や箱根連山、ジオサイトとして認定された葛城山を挙げて見所の多い地であると述べた。また、自転車初心者から上級者まで様々なレベルに対応したルート設計ができ、サイクリングに適した地であると強調した。

豪華ゲストとサイクリング

 ライドイベントでは、4人のゲストライダーとともに、メリダ・エックス・ベースでレンタルしたロードバイクを使って、2時間ほどのサイクリングを行った。

ライドイベントは約20人が集まった Photo: Masahiro OSAWA

 ゲストライダーとして、MTB世界チャンピオンに三度輝いた経験を持つホセ・ヘルミダ氏のほか、シエルヴォ奈良ミヤタ-メリダの監督兼選手の山本雅道、ミヤタ・メリダ バイキングチームの恩田祐一、宇都宮ブリッツェンの飯野智行が参加。参加者総数約20人に対し、ゲストが4人の豪華なサイクリングになった。

ゲストライダーの飯野智行(左)とホセ・ヘルミダ氏が隊列を先導 Photo: Masahiro OSAWA
富士山を遠くに見据えて狩野川沿いをサイクリング Photo: Masahiro OSAWA

 ルートは、エックス・ベースから10kmほど離れた道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」を折り返し地点とする往復20kmの平坦なコースが選択された。ライドでは、富士山を遠くに見据え、狩野川沿いを時速20km超のゆったりとしたスピードで走行。ホセ氏の来日を楽しみに、今回のライドイベントに来たという参加者もおり、各々が充実したひと時を過ごせたようだ。

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載