男子スプリントでは深谷知広が銀メダルアジア大会、橋本英也が男子オムニアムで金メダル 4年前の仁川大会に続き2連覇

  • 一覧

 インドネシア・ジャカルタで開催中の第18回アジア競技大会は8月30日、自転車トラック競技の4日目が行われ、男子オムニアムで橋本英也(チーム ブリヂストンサイクリング)が金メダルを獲得し、前回の2014年仁川大会に続く2連覇を達成した。また男子スプリントでは深谷知広(日本競輪選手会愛知支部)が銀メダルを獲得した。女子3km個人パシュートに出場の中村妃智(日本写真判定)は6位だった。

橋本英也が男子オムニアムで金メダルを獲得、アジア大会2連覇を達成した © 2018 JCF

連覇の橋本英也「強さを証明できた」

 オムニアムは一日に4種目のレース(スクラッチ、テンポレース、エリミネイション、ポイントレース)を走り、最終的な獲得ポイントを争う複合種目。橋本はスクラッチ8位、テンポレース2位、エリミネイション1位の暫定1位で最終種目のポイントレースに挑んだ。ポイントレースでは終盤に香港に逆転されながらも、落ち着いたレース運びで再度逆転し、2位のリュン・チュンウィン(香港)に5ポイント差で優勝した。

第2種目のテンポレースで先頭に立つ橋本英也 © 2018 JCF
第3種目のエリミネイションで1位を取り暫定1位に浮上した橋本英也 © 2018 JCF
男子オムニアム表彰式。橋本英也(中央)が金メダル © 2018 JCF

●橋本英也のコメント
「最初のスクラッチは8位と良くないスタートだったが、スクラッチでは強い選手がわかっているので、彼らに先行されないよう気をつけていた。その後のテンポレース、エリミネイション、ポイントレースと自分らしく走ることができ、優勝することができた。最後のポイントレースでは、2位と4ポイント差、思っていたより少ないポイント差からのスタートで、途中逆転される場面もあったが、上位の選手をマークしながら、他の選手が疲れたところでポイント獲得を重ねた。前大会は運が良くて勝ったが、今大会では実力で勝つことができた。強さを証明できたと思うし、手ごたえがある。次はワールドカップや世界選手権での優勝を目指したい」

銀メダルの深谷「自分の成長を実感」

 男子スプリントはタイムトライアル方式の予選を行い、本戦は勝ち上がりのトーナメントで争われる。本戦では一対一で3周を走り、フィニッシュでの着順を競う。深谷は準決勝を勝ち上がり、決勝でリオ五輪ケイリンの金メダリストであるアジズル・アワン(マレーシア)と対戦したが、2本先取される形で敗れた。

男子スプリントで決勝に進んだ深谷知広(左)だがストレート負けを喫した © 2018 JCF

●深谷知広のコメント
「決勝の1本目は手ごたえがあったけど負けてしまった。2本目は何度かチャンスがあったものの、それを掴むことはできなかった。アワン選手との力の差はあまり感じていない。経験の差だと思う。今回は自分の成長を実感する大会になった。競技を始めて1年でここまで来れるとは思っていなかった。しかし、金メダルが取れる位置にあったのでやはり悔しい気持ち。短距離種目のうちどの種目が向いているか、自分の特性はまだわからないので、今後、競技をやりながら、全ての底上げを図っていきたい」

男子スプリントの表彰式。深谷知広(左)が銀メダル © 2018 JCF
銀メダルを獲得した深谷知広。今後の成長に期待がかかる © 2018 JCF

男子オムニアム
1 橋本英也(日本/チーム ブリヂストンサイクリング) 119 pts
2 LEUNG Chun Wing(香港) 114 pts
3 Artyom ZAKHAROV(カザフスタン) 112 pts

男子スプリント
1 AWANG Mohd Azizulhasni(マレーシア)
2 深谷知広(日本/日本競輪選手会愛知支部)
3 IM Chaebin(韓国)

女子3km個人パシュート
1 LEE Jumi(韓国) 3分33秒048
6 中村妃智(日本/日本写真判定) 3分50秒604

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

トラックレース 日本ナショナルチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載