トラック競技3日目アジア大会、梶原悠未が女子オムニアムで金メダル 近谷涼が男子個人パシュートで銀メダル

  • 一覧

 インドネシア・ジャカルタで開催中の第18回アジア競技大会で8月29日、自転車トラックレース3日目の競技が行われ、日本は梶原悠未(筑波大学)が女子オムニアムで金メダル、近谷涼(チーム ブリヂストンサイクリング)が男子個人パシュートで銀メダルを獲得した。

女子スクラッチで金メダルを獲得した梶原悠未(筑波大学) © 2018 JCF

 オムニアムは1日に4種類のレース(スクラッチ、テンポレース、エリミネイション、ポイントレース)を走り、最終的な獲得ポイントで争う競技。昨シーズンのワールドカップ3戦、4戦の同種目で優勝している梶原は、スクラッチ3位、テンポレース1位、エリミネイション1位の暫定1位で最終種目のポイントレースに挑んだ。

首位で挑んだ最終種目のポイントレースで、落ち着いたレース運びをする梶原悠未(先頭) © 2018 JCF

 ポイントレースでは暫定2位の台湾と競り合いながらも、順調にポイントを重ねて暫定首位をキープ。最終的な合計獲得ポイントを138とし、2位に14ポイント差で優勝した。

女子オムニアムの表彰台。梶原悠未(中央)が金メダルを獲得 © 2018 JCF

 アジア選手権で2連覇中の梶原は「金メダルだけを狙ってきた。スタッフの皆さんが全力でサポートしてくれたので、今日は自信をもって走ることができた」と喜びを語った。第1種目のスクラッチで遅れを取ったものの、得意のテンポレースで1位を取ると、その後は落ち着いて走ることができ、最終種目のポイントレースでも冷静にライバルとのポイントを計算しながら走ったという。

 男子4km個人パシュートに出場した近谷は、予選を4分26秒503の2位で決勝に進み、予選でアジア新記録(4分19秒672)を出して首位通過したパク・サンホン(韓国)と対戦した。決勝は3000mを過ぎたところで、パクが近谷を追い抜き勝利。近谷は銀メダルとなった。

男子個人パシュートの決勝を走る近谷涼 © 2018 JCF
男子個人パシュートの表彰台。近谷涼(左)が銀メダルを獲得 © 2018 JCF

 今年のアジア選手権の同種目で優勝している近谷だが、「韓国はすごく強く、今回の相手も今まで勝ったことがない相手。いいレースをして勝てたら良かったが力負けしてしまった」とレースを分析。2年後の東京五輪に向けては「メダルを取ることを目標にやっており、そのためにはアジアのトップになることが必要。次は負けたくない」と雪辱を誓った。

女子オムニアム
1 梶原悠未(日本/筑波大学) 138 pts
2 HUANG Ting Ying(台湾) 126 pts
3 KIM Youri(韓国) 121 pts

男子4km個人パシュート
1 パク・サンホン(韓国)
2 近谷涼(日本/チーム ブリヂストンサイクリング)
3 Artyom ZAKHAROV(カザフスタン)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

トラックレース 日本ナショナルチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載