「最低限の結果を残した」アジア大会、トラック・チームパーシュートで男女そろって銅メダルを獲得 

  • 一覧

 インドネシアのジャカルタで開催中の第18回アジア競技大会で8月28日、自転車トラック競技・チームパシュートが行われ、男女ともに日本ナショナルチームが銅メダルを獲得した。今村駿介(中央大学)、一丸尚伍、近谷涼、橋本英也(チーム ブリヂストン サイクリング)で臨んだ男子チームは前日の予選では5位に沈んだものの、当日は橋本が沢田桂太郎(日本大学)に代わって出場。一回戦では全体のベストとなる4分04秒222の走行タイムでカザフスタンとの3位決定戦へと進み、安定した走りでカザフスタンを下して銅メダルを獲得した。

男子チームパシュートで銅メダルを獲得 ©2018 JCF

 女子は一回戦を橋本優弥(鹿屋体育大学)、吉川美穂(Live Garden Bicistelle)、梶原悠未(筑波大学)、鈴木奈央(日本競輪選手会静岡支部)のメンバーで挑み、中国に破れたものの、走行タイムにより香港との3位決定戦に進出。3位決定戦では鈴木に代わって中村妃智(日本写真判定株式会社)がメンバー入りし、香港に勝利。銅メダルを獲得した。

「オムニアムでは絶対金メダルを」

 男子チームの橋本は、「最低限の結果を出すことができた。有酸素運動に強い自分がメンバーに入り、確実に銅メダルを狙える作戦で走った。調子は良いのでディフェンディングチャンピオンとして出走するオムニアムでは優勝を狙いたい。優勝する自信はある」と次のレースに向けて意欲を示した。

女子チームパシュートで銅メダルを獲得 ©2018 JCF

 女子チームの梶原悠未は「金メダルを狙っていたので、銅メダルになってしまったことに悔しさは残っている。予選では隊列が乱れ、反省点が残る走りだった。一回戦で対戦した中国とは予選のタイムを見ても戦える自信はあった。勝って決勝に進みたかったが後半にペースが落ちてしまい2秒ほど及ばなかった」と悔しさを滲ませたが、「今回は全員の脚が揃っていない状態だったが、それでもチームとしてメダルを取れるということを証明できた。オムニアムでは絶対に金メダルを取りたい」と語った。

男子チームパーシュートの表彰式の様子 ©2018 JCF
女子チームパーシュートの表彰式の様子 ©2018 JCF

 チームパシュートは4人一組でチームを組み、4kmの走行タイムを競う競技で、先頭交代しながら走り、3番手の選手のフィニッシュで計測される。基本は対戦形式だが、今大会では予選1位と4位、2位と3位が一回戦で対戦し、勝者が決勝戦へ進み、残りのチームのうち一回戦の走行タイム上位2チームが3位決定戦へと進んだ。

■自転車競技・男子チームパシュート
1 中国
2 香港
3 日本

■自転車競技・女子チームパシュート
1 韓国
2 中国
3 日本

■自転車競技・女子ケイリン
1 LEE Wai Sze(香港) 11秒488
2 LEE Hyejin(韓国) +0.024
3 ZHONG Tianshi(中国) +0.355
8 太田りゆ(日本)+0.035
13 前田佳代乃(日本)

関連記事

この記事のタグ

日本ナショナルチーム 競輪・競輪場

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載