新製品情報2018ステインサイクルズから1サイズで幅広い身長の人に対応する小径車「ペグ105」が登場

  • 一覧

 MTBダウンヒルの元ベルギーチャンピオン、ステイン・デフェルムが立ち上げたブランド「Stjin cycles」(ステインサイクルズ)から、小径車「Peg(ペグ)105」が登場した。1サイズの展開ながら幅広い身長に対応し、優れた走行性能を実現している。

今回デビューする「Peg105」。フレームセット販売も展開している ©Stijn cycles

 ステイン・デフェルムは、MTBダウンヒル以外にも、ロードレースやシクロクロスなど、様々な自転車競技で活躍した選手だ。競技引退後には、その知見を活かし、自転車のデザイナーとして活躍。BD-1をはじめ様々なプロダクトを手掛けてきた。2007年に独立し、性能を第一に考える自転車ブランド「ステインサイクルズ」を設立。今回、完成車のパッケージ商品として「ペグ105」をデビューさせた。

メタリックフレークホワイト、ぺトロールグレーの2色で展開する ©Stijn cycles
付属する輪行カバー ©Stijn cycles

 車体は20インチに特化した独自開発のジオメトリーで作られたモデルだ。105をメインコンポに、TRP製のフラットマウントディスクブレーキを採用している。フレームはBBとシートチューブをオフセットすることで、1サイズで140cm~200cmの幅広い身長に対応。また、ユーザーの好みに合わせて、ハンドル形状やブレーキタイプも変更可能となっている。パーツを変更する際の調整や組み立ては、5mmのアーレーンキーだけで行えるため、容易にカスタマイズが可能だ。

 オプションにはナイロン製の輪行カバーが付属。収納する際は前後輪を外し、袋で梱包すると、他メーカーの小径車よりも容積が小さくなるという。輪行はもちろん、車載する場合でもスペースをとらず、持ち運びに便利な1台となっている。

 カラーはぺトロールグレー、メタリックフレークホワイトの2色で展開。そのほか、フレームセットやシングルスピードモデルの完成車もラインナップしている。

■Peg105
税抜価格:250,000円
対応身長:140~200cm
カラー:ぺトロールグレー、メタリックフレークホワイト

関連記事

この記事のタグ

2018年モデル ステインサイクルズ 小径車

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載