将来のシリーズ化を目指すロードチームによる「トラックフェスティバル」が初開催 宇都宮競輪場での熱戦に声援

by 小森信道 / Nobumichi KOMORI
  • 一覧

 自転車競技の発展と振興を目的にしたロードレースチームによるトラックレースイベント、「TRACK FESTIVAL’18」が8月24日、栃木県宇都宮市の宇都宮競輪場で開催された。国内のUCI(国際自転車競技連合)コンチネンタルチーム6チームが集結し、平日夜に開催された初開催のイベントにもかかわらず多くの観戦客が訪れ、普段では見ることができないトラックを疾走するロードレース選手の走りに声援を送った。

夜の宇都宮競輪場で、決勝レースを戦う宇都宮ブリッツェンとマトリックスパワータグ Photo: Nobumichi KOMORI

チーム対抗戦の新種目で実施

 「TRACK FESTIVAL’18」は、キナンサイクリングチームの加藤康則GMが企画立案したもの。本格的な開始時期はまだ未定ではあるが、今回、実験的に開催が決定した。

今回のイベントの企画立案をしたキナンサイクリングチームの加藤康則GMが開会宣言を行う Photo: Nobumichi KOMORI
選手を代表して増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が選手宣誓を行う Photo: Nobumichi KOMORI
国内UCIコンチネンタルチーム6チームが集結して、今回のイベントが行われた Photo: Nobumichi KOMORI

 レースは「ファイブポイントゲーム」という新種目が開催された。1チーム5人のメンバーによる2チームでの対戦形式で、1周のローリングの後にスタート。その後は周回を先頭で通過した選手のチームに1ポイントが加算されていき、5ポイント先取したチームの勝利となる。

 通常のトラック競技よりもルールが単純化された印象で、普段はロードレースしか観ないという人でも戸惑うことなく観ることができそうだ。

会場内には出場するチームの物販ブースも設置された Photo: Nobumichi KOMORI
バンク内には選手たちを真近で観ることができるVIP席も設定された Photo: Nobumichi KOMORI
レースの合間にはBMXのパフォーマンスも行われた Photo: Nobumichi KOMORI
予選リーグで争うチーム ブリヂストンサイクリングと宇都宮ブリッツェン Photo: Nobumichi KOMORI

 出場したのは那須ブラーゼン、宇都宮ブリッツェン、チーム ブリヂストンサイクリング、愛三工業レーシングチーム、キナンサイクリングチーム、マトリックスパワータグの6チーム。東西で3チームずつに分かれての総当たりの予選を行い、最も成績が良かった1チームずつが決勝に進出。決勝戦は東部リーグから勝ち上がった宇都宮ブリッツェンと、同じく西部リーグを勝ち上がったマトリックスパワータグによって争われ、宇都宮ブリッツェンが勝利して優勝を飾った。

レースごとに異なる展開が生まれ、観戦客を飽きさせない Photo: Nobumichi KOMORI
優勝した宇都宮ブリッツェンの選手たちがVIP席の観戦客とハイタッチを交わす Photo: Nobumichi KOMORI
スパークリングウォーターファイトで優勝の喜びを分かち合う宇都宮ブリッツェンの選手たち Photo: Nobumichi KOMORI

リーグ化で各チームの資金源に

 今回は実験的な開催ということもあり、会場運営やレース自体の見せ方などイベントとしてはまだ、さまざまな課題が山積しているように感じられた。しかし、会場を訪れた観戦客は一様に新種目のレースを食い入るように見つめ、熱烈な声援を送る人の姿もあり、イベントとしては今後継続して行えるだけの価値と可能性があることは証明できただろう。

スタートを待つ選手とスタンドの距離はほんのわずか。この距離感の近さも魅力となりそうだ Photo: Nobumichi KOMORI
VIP席の観戦客はレースを終えた選手たちと直接触れ合うこともできる Photo: Nobumichi KOMORI
最後に選手と観戦客で記念撮影をしてイベントは終了となった Photo: Nobumichi KOMORI

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

Jプロツアー Jプロツアー2018

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載