バイクインプレッション2013「GRAPHITE DESIGN ZANIAH」 日本のゴルフシャフトメーカーが開発した精良なフルカーボンバイク

  • 一覧

 カーボン製ゴルフシャフトの製造メーカーであるグラファイトデザインが、その技術を生かしてスポーツバイク事業に乗り出したのは2007年のことだ。以来、ロードの国内トッププロへの機材供給とそのフィードバックを元に急ピッチで開発を進め、レーサーが求める性能を具体化してきた。ザニアはメテオシリーズのアイデンティティを引き継ぎ、ホビーレーサー向けに開発されたモデルだ。

「GRAPHITE DESIGN ZANIAH」(グラファイトデザイン ザニア)「GRAPHITE DESIGN ZANIAH」(グラファイトデザイン ザニア)

GRAPHITE DESIGN ZANIAH(グラファイトデザイン ザニア)
価格:258,000円(フレーム&フォーク)
サイズ:51、53、55
カラー:ストライプカラー、オリジナルレーシングカラー
問い合わせ先:グラファイトデザイン http://cycle.gd-inc.co.jp

 

スペック

フレーム:カーボン
フォーク:カーボン
変速機:シマノ・アルテグラDi2(F)、シマノ・アルテグラDi2(R)
ギヤ:シマノ・アルテグラ 53×39T、12-25T(10速)
ホイール:シマノ・WH-7850-SL
重量:975g(フレーム)、390g(フォーク)

ブレーキ性能を高め、反応の良い機敏なステアリング性能を出すため、テーパーヘッドチューブを採用しているブレーキ性能を高め、反応の良い機敏なステアリング性能を出すため、テーパーヘッドチューブを採用している
フレームは電動式、機械式コンポのどちらにも対応する。試乗車は電動仕様のため、アジャスターは外されているフレームは電動式、機械式コンポのどちらにも対応する。試乗車は電動仕様のため、アジャスターは外されている
特徴的な、ラグ構造を持つモノステー形状。また、チューブの集合部は滑らかで、シャープなスタイリングが印象的だ特徴的な、ラグ構造を持つモノステー形状。また、チューブの集合部は滑らかで、シャープなスタイリングが印象的だ

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作松尾修作
VAX RACING所属。Jプロツアーに参戦する現役大学生レーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ

米山 今回のインプレッションは日本のゴルフシャフトメーカーが生んだ、“本気のホビーレーサー向けバイク”。グラファイトデザインは国内の強豪チームが開発当初から乗っていた。いま振り返ると、ヨーロッパで活躍している新城幸也選手も、宮澤崇史選手もグラファイトデザインで走っていた。

松尾 そして、僕が所属するVAXレーシングもグラファイトデザインでレースを戦っています。普段は『メテオスピード』に乗っていますが、このザニアのほうが剛性は高く、前に押し出される感覚があります。

米山 たしかに、ガッチリではないけれど、芯のある剛性感だったよ。それでは乗り心地はどうなんだろうとも思ったけれど、振動の吸収は良いようで、疲れにくそうだ。

松尾 グラファイトデザインの特徴はしなりを生かして進むバイクですが、『メテオスピード』が「グゥワーングゥワーン」と加速するならザニアは「グイッグイッ」と反応が早いです。シリアスレーサーにも、ホビーサイクリストにも万能に使えて、競技やイベントを選ばず対応するオールマイティさが魅力だと思いますよ。

米山 反応の良いバイクといっても、ザニアの場合ガツンとは加速しない。数回踏み出してリズムが取れてから伸びてくる。気持ちよく踏めるポイントがあるから、そこに入ると良く回っていくね。それに、そのポイントが特別大きなパワーを必要とするわけではなく、自然な加減だった。

松尾 フレームの前寄りがとてもしっかりしていて、コーナーではラインをトレースしやすいです。登りでもスプリントでも、スピード域に関わらず反応が良いので、どのレベルのライダーでも満足できるはずです。『メテオスピード』と比較しても、急勾配のヒルクライムや短い距離のクリテリウムには、低速での反応が良いザニアは選びたいと思いました。

米山 なるほどね。踏み倒して走りたいタイプのレーサーには向かないけど、ホビーレーサーでも自分のカテゴリで、展開に乗りながら上位を目指したいという人には良い。カラーリングはトップチューブに白いラインのデザインが入って変わったんだね。

米山一輝
数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中

松尾 ええ、ストライプのデザインはグラファイトデザインの象徴で、ゴルフシャフトに入るデザインを踏襲しています。また、シートステーとチェーンステー、フロントフォークの内側は赤くペイントされています。シンプルだけど、どちらもアクセントになっていますね。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳



 

この記事のタグ

グラファイトデザイン バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載