食事が合わず悔しい結果にアジア大会MTB男子クロスカントリー、沢田時が6位 序盤は2位集団も後半失速

  • 一覧

 インドネシアで開催の第18回アジア競技大会は8月21日、マウンテンバイクの男子XCO(クロスカントリー・オリンピック)の競技が行われ、日本から出場の沢田時(チーム ブリヂストンサイクリング)は6位だった。

アジア競技大会、MTBの男子XCOに出場した沢田時は6位だった © 2018 JCF

 一周4.5kmのコースは、パイナップルやバナナ、レモン畑や、廃墟の中を通るなどユニークなもの。ジャンプなどの縦の動きはないが、踏み固められておらずパフパフの砂や竹の橋などがあり、難しくはないが記憶しないとスムーズに走れないレイアウトだ。

熾烈なスタートダッシュ争い。200mでコースがバイク1台分まで狭くなる © 2018 JCF

 7周のレースで沢田は序盤、6人の2位グループでレースを展開。3周目に集団内で落車が発生し、沢田を含む2位集団は一時3人となりチャンスかと思われた。

 しかしここから中国勢のプッシュと沢田自身の単独落車もあり、5周目で沢田はイランの選手とともに5位グループとなった。最終周を前に沢田はイランから遅れて単独6位となり、そのまま順位は変わらずゴールとなった。

廃墟の中を通るユニークなコース © 2018 JCF
ゴール後の沢田時 © 2018 JCF

 沢田は16日夜の現地入り以降、食事が合わずに体調を崩していたという。レース前日には回復したものの、ベストコンディションとは言えない状態で悔しい結果となった。

■MTB 男子XCO結果
1 MA Hao(中国) 1時間34分58秒
2 LYU Xianjing(中国) +1分4秒
3 KAZANTSEV Kirill(カザフスタン) +2分32秒
6 沢田時(日本) +6分12秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

マウンテンバイク 日本ナショナルチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載