表彰台に立つ快挙アジア大会女子ロードで與那嶺恵理が銅メダル獲得 唐見実世子は20位に

  • 一覧

 インドネシアで開催中の第18回アジア競技大会で女子個人ロードレースが8月22日に行われ、與那嶺恵理(ウィグル・ハイファイブ)が3位に入賞し、銅メダルを獲得した。唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)は20位だった。

女子個人ロードレースで銅メダルを獲得した與那嶺恵理(写真右) © 2018 JCF
104.4kmで争われた女子個人ロードレース © 2018 JCF
集団スプリントに持ち込まれた2位争い © 2018 JCF

 女子個人ロードレースはスバンをスタート、カガクにゴールする104.4kmのコースで競われた。スバン市内からゴールへ向かう最後の約15kmが登り基調となり勝負所となった。レースは韓国のナ(羅)・アレムが単独先頭でゴールし優勝。後続は3人のスプリントに持ち込まれ、與那嶺が2番手でゴール、3位となり銅メダルを獲得した。與那嶺のタイムはトップと1分20秒差の2時間57分7秒。

與那嶺恵理のコメント

 もちろん金メダルを獲りにきたので悔しさはあるが、何もないよりは銅メダルを獲れてよかったと思う。ヨーロッパからインドネシア入りして日も短く、上りのコンディションはあまり良くなかった。そこで平坦な中盤までで逃げ集団を作りたかったが、しかしそれを容認する意志が各国チームになかった。それで上りに入るところが勝負のポイントになって、各国チームが追ってきた。平坦な部分までは、唐見さんが自分の求める動きを話さずとも積極的にしてくれて、すごく走りやすかった。

 上りでもう少し早めに集団を削りたかった。でも2人までは連れてきていいというプランをコーチと話しをしていて、結果的に5人の集団となったがよい展開だったと思う。レース終盤で自分のいたトップ集団が4人になったとき、韓国の羅選手と私以外は前を引かない意志を明確にしていたので、後方集団に吸収されないように2人で積極的に集団をコントロールしてレースを進めた。

 最後の一番きつい上りでトップ集団から羅選手がアタックをかけたときに、先に行かせる判断をした。自分の脚もあまり残っていなかったなかで、前を追って4位になるよりも表彰台に上がれることを優先した。最後に得意な上りがあるのがわかっていたので、先駆けして自分の脚が残っていなかったら、再度集団に加わる作戦でゴールを目指した。

 最後はゴールスプリントになったが、いままでのレース経験のなかで初めてだった。ゴール手前で中国の普選手に抜かれしまったものの、メダルを獲ることができた。

 明後日には同じ上りを使用するタイムトライアルもあるので、TTバイクを使うか、ロードを使うか明日試走して決定したい。いつもどおりやるだけだと考えている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

日本ナショナルチーム 與那嶺恵理

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載