選手と同じコースを大会当日にサイクリング「さいたまクリテリウム」一般体験走行の参加者と、大会ボランティアを募集

  • 一覧

 さいたま新都心周辺で11月4日に開催される「J:COM presents 2018 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」では、大会当日に選手と同じコースを走る「一般体験走行」の参加者と、運営補助を中心とした大会ボランティアスタッフを募集する。申込受付はともに9月3日午前11時から。

昨年の一般走行体験の様子 Photo: Naoi HIRASAWA

 一般体験走行は、さいたま市在住の小学生以上が応募の対象となる。当日は本人確認書類の持参が必要なほか、補助輪なしでスムーズに走行できることが条件だ。参加者は、クリテリウムレースで使う約3kmのコースを走行できる。参加費は無料で、記念品として大会オリジナルTシャツを全員にプレゼント。1組2人まで申し込み可能で、定員は200人の予定だ。

選手と一般走行体験の参加者が実際に走るコースマップ ©2018 さいたまクリテリウム実行委員会事務局

さいたま市民限定一般体験走行 募集概要

■開催日時:11月4日(日)11:15~12:00(予定) ※雨天決行/荒天中止
■募集期間:9月3日(月)11:00~26日(水)12:00まで
■定員:200人
■応募条件:
(1)さいたま市内在住で、小学生以上の方
(2)受付当日にお申込み者(同伴者がいる場合は、同伴者を含む)の本人確認書類を持参いただける方
(3)補助輪なしで特設コース1周を無理なくスムーズに完走可能な方(上り下りの地下道が約1kmあります)
(4)未成年者の場合、保護者の同意がある方
(5)公式ホームページに記載の「注意事項」にご同意いただける方
■応募方法:大会公式ホームページまたはFAX
■参加費:無料
■記念品:大会オリジナルTシャツ

運営補助を中心にスタッフを募集

 また、大会の運営を支えるボランティアとして、会場案内や来場者アンケートなどを行う運営補助や、各種言語に対応する通訳、選手や観客を救護するための、医師資格者と看護師資格者が対象の救護補助を募集している。応募資格はそれぞれ行う業務によって異なるため、公式サイトの応募要項を確認のこと。

大会ボランティア募集概要

■募集内容:
(1)運営補助(会場案内、イベント運営補助、来場者アンケート等 )、100名程度
(2)通訳(英語、フランス語 他)、10名程度
(3)医師資格者の救護補助(観戦者や競技者の救護対応)、10名程度
(4)看護師資格者の救護補助(観戦者や競技者の救護対応)、10名程度
■活動日時:11月4日(日)※次の時間帯より選択可
1.全日…8:00~18:00、2.午前の部…8:00~13:00、3.午後の部…13:00~18:00
■活動場所:レース会場内および周辺イベント会場(さいたま新都心駅周辺)
■募集期間:9月3日(月)11:00~9月18日(火)12:00まで
■応募条件:
(1)15歳以上(中学生を除く)の方
(2)未成年者の場合、保護者の同意がある方
(3)日本語以外を母語とされる方は、日本語の日常会話と読み書きが可能である方
(4)通訳にあっては日常会話を問題無くこなせるレベルにある方
(5)救護補助にあっては、「医師法」に基づく医師免許、または「保健師助産師看護師法」に基づく看護師免許を有している方
(6)さいたま市内で行う事前説明会にいずれか1日参加できる方【10月20日(土)午前、10月21日(日)午後(2時間程度を予定)】
※詳細は、10月上旬からご登録のメールアドレスまたはご住所へ順次ご案内をお送りいたします
(7)その他、公式ホームページに記載されている「注意事項」にご同意いただける方
■応募方法:大会公式ホームページまたはFAX
■支給品:スタッフジャンパー、昼食(全日活動される方のみ)
■活動保険:傷害保険に一括加入(個人負担はありません)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2018ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載