バイクインプレッション2018グエルチョッティ「エウレカDX50」 乗り手のレベルを問わない万能エアロロード

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 イタリア・ミラノ発祥のバイクブランドGUERCIOTTI(グエルチョッティ)の「エウレカDX50」をレビューする。ボリュームある外観からも想像が容易な優れたスタビリティに、使用する素材や形状の工夫で乗りやすさもプラス。オールラウンドエアロロードバイクとしてラインナップする一台を試した。

グエルチョッティのオールラウンドエアロロード「エウレカDX50」 Photo: Masami SATOU

バランスの取れた車体設計

 フレームの形状は強くエアロ効果を意識した設計だ。フロントフォークとダウンチューブのつなぎ目はインテグレートデザインとなり、スムーズなラインで隙間を埋め、空気の乱れを最低限に抑制。フレーム後部も扁平で鋭角なシートチューブがリアタイヤに沿ったデザインで空気抵抗を抑えた。シートチューブから生えるエアロピラーは専用品となる。

フロントフォークからダウンチューブまでスムーズなラインを描く Photo: Masami SATOU
パワーを受け止めるBBはテーパー形状 Photo: Masami SATOU
エアロ効果を強く意識したシートチューブ Photo: Masami SATOU

 BB86を採用したボトムブラケット部は、横だけでなく縦にも張り出した形状を採用。大きなパワーにも対応するボリューミーな仕様となった。BB中心部に向かってテーパーした形となっており、縦横どちらの応力にも対応する。一方で乗りやすさを求めた設計も。シートステーは薄く、地面に対して扁平になっており、路面からの突き上げや振動を軽減。使用する素材は40HMカーボンと30HMカーボンも使っているが、3種類の24HMカーボンが中心となる。適材適所に素材を当て込み、剛性と乗りやすさ、エアロ効果を両立させた。

尖りはないが速さを持つ万能選手

 ファーストインプレッションは「まさにオールラウンドバイク!」という感想。フロントフォークやダウンチューブ、下ワンを大きくとったヘッド周りが頼もしく、無理な突っ込みでも車体は安定していた。ハンドリング自体もニュートラルなので、オーバースピードでコーナーへ進入した際も挙動がわかりやすくリカバリーが利いた。

ボリュームのあるデザインだが、ニュートラルな乗り味 Photo: Masami SATOU
車体の性能を100%使い切れる扱いやすさが特徴 Photo: Masami SATOU

 コーナーをいつも以上に攻めてしまったのも、扱いやすい剛性があったから。一見するとガチガチな硬さを想像してしまうボリュームだが、走ってみると、ライダーが持つ実力を余すことなく発揮できる懐の深さを持つ。あまりにも硬すぎても疲労に繋がるし、柔らかくてもパワーをロスしてしまう。そのちょうど中間の硬さと剛性を備えているのがエウレカDX50だった。荒れた道を走った際、扁平形状のシートステーが働いているのか予想よりも振動吸収性能に優れていた。エアロ形状で太いシートポストを採用しているので、あまりコンフォート性能は良くないのではという予想を裏切った。

 重量は特別軽いわけではないが、優れたスタビリティと脚への負担が少なく踏み味は上りでも軽快。バイクからの“おつり”がないので、ついペダルに力がこもった。思い通りにコントロールできるので乗っていて楽しさを感じるバイクだ。場所と乗り手のレベルを問わないオールラウンドモデルであった。カラーは1色のみの展開だが、フラッグシップモデルに相当するなかなかの高級感。所有欲も満たしてくれそうだ。“超高剛性”や“超軽量”などの尖ったスペックは持っていないが、弱点を感じさせないバランスが魅力の一台だった。

グエルチョッティ「エウレカDX50」
税抜価格:260,000円
重量:1030g(フレーム)
サイズ:XS、S、M、L
カラー:グレー/ゴールド
体重制限:100kgまで

松尾修作
松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

グエルチョッティ バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載