インドネシアで8月23日に開催アジア大会、NIPPOの中根英登がロードレースに出場 新城幸也はけがで代表辞退

  • 一覧

 8月23日にインドネシアにて開催されるアジア競技大会の男子ロードレースに、中根英登(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ)が日本代表として出場することになった。当初代表に選出されていた新城幸也(バーレーン・メリダ)が、14日のビンクバンク・ツアー第1ステージで肘を負傷し、出場メンバーから外れることになったため。

新城幸也の負傷欠場を受けて、急遽アジア大会に出場することになった中根英登(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ) © NIPPO - Vini Fantini - Europa Ovini

 アジア競技大会は4年に一度、アジア版のオリンピックとして開催される。第18回目となる今回は、8月18日から9月2日までインドネシアのジャカルタおよびパレンバンでの開催。そして今回は2020年の東京オリンピック前、最後のアジア競技大会となるため、例年以上に大きな注目を集めている。

 自転車競技は開催順にMTB、ロードレース、BMX、トラックの各種目が開催される。ロードレースは個人タイムトライアルを含め、22日から24日まで、ジャカルタ郊外のスバン(Subang)を拠点としたコースで行われ、男子ロードレースは23日の午前10時スタート、150kmのコースで競われる。150kmのコースは平坦基調だが、フィニッシュ地点に向けて、緩く上っていくのが特徴だ。

 中根は今年1月にミャンマーで開催されたアジア選手権にも日本代表として選出されていたが、体調不良によりレースに出走できず悔しさを味わっていた。今度こそは日本代表として、もう一人の代表である別府史之(トレック・セガフレード)とともに、日本の勝利のため全力を尽くして戦うという。

 アジア競技大会における日本人選手の成績は、近年では1998年タイ・バンコク大会で飯島誠、2010年中国・広州大会で宮澤崇史が、それぞれ銀メダルを獲得したのが最高位となっており、日本人選手による優勝は、1951年、1978年の2回のみと記録されている。

●中根英登のコメント

 急遽、アジア競技大会の参戦が決まりましたが、まずはじめに、新城選手の早期回復を願っています。

 4年に1度のアジア大会で日本代表選手として戦えることを光栄に思います。また日本代表のエース・新城選手の代わりとして自分がレースを走るということに大きなプレッシャーを感じていますが、そのプレッシャーを力に変えて、自分の持ち味を発揮する準備はできています。

 日本代表チームが優勝できるよう頑張ります!

関連記事

この記事のタグ

チームNIPPO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載