大会・イベント情報2018海の幸とおすすめスポットを堪能 沼津ゆる~りサイクリング10月10、27日開催

  • 一覧

 リンケージサイクリングが、沼津市のおすすめスポットを巡る約60kmのサイクリング「沼津市Presents 沼津ゆる~りCYCLING 60km Supported by スルガ銀行」を、10月10日と27日に開催する。静岡県沼津市とパートナーシップ協定を締結しているスルガ銀行の全面協力で行うイベントで、リンケージサイクリング代表の田代恭崇さんが講師を務める。参加費は無料で、参加者を募集中だ。

サイクリングの拠点となる「NUMAZUサイクルステーション静浦東」 ©沼津市Presents 沼津ゆる~りCYCLING 60km Supported by スルガ銀行

 イベントでは、NUMAZUサイクルステーション静浦東を拠点に、周辺のおすすめスポットを巡る。最初に訪れるのは、狩野川沿いに位置する「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」。まだ世に出ていない「伊豆の魅力」を集めたという施設では、地元の名産品やお土産などが購入可能だ。その後は狩野川を抜け、駿河湾沿いに伊豆半島を南下し、らららサンビーチ付近の「貝殻亭」で昼食。駿河湾で取れた新鮮な海の幸を堪能する。

昨年5月にオープンした「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」 ©沼津市Presents 沼津ゆる~りCYCLING 60km Supported by スルガ銀行
「貝殻亭」では駿河湾で取れた新鮮な海の幸を堪能できる ©沼津市Presents 沼津ゆる~りCYCLING 60km Supported by スルガ銀行

 ランチを終えてからはさらに南下し、大瀬崎の先にある西浦江梨周辺でヒルクライムを行う。その後大瀬崎港まで降りて、「大瀬崎神社」を参拝。境内にある神池では、周辺に群生する「大瀬崎ビャクシン樹林」が見学できる。帰りは来た道を引き返しつつ、オーモスみかん直売所で西浦みかんを補給。拠点のNUMAZUサイクルステーション静浦東へと戻る。ゴール後には拠点近くにあるチェレステカフェで打ち上げも行われる予定だ。

20km/h前後で走行する ©沼津市Presents 沼津ゆる~りCYCLING 60km Supported by スルガ銀行

 ガイドの田代さんは、アテネオリンピックロードレース日本代表で、JCAの公認サイクリングガイドでもある。このほかガイドスタッフには、スルガ銀行ロードバイクプロジェクトメンバーらも加わり、参加者を手厚くサポートする。

 募集詳細はスルガ銀行ロードバイクプロジェクト「facebook」ページで告知。定員は先着申し込み順で20人を予定している。参加費は無料。

沼津市Presents沼津ゆる~りCYCLING 60km Supported byスルガ銀行

■開催日時:2018年10月10日(水)8:30-16:00、10月27日(土)8:30-16:00
■参加費:無料 ※別途昼食費
■定員:20人 ※先着申込順定員になり次第募集締切
■会場:NUMAZUサイクルステーション静浦東(旧静浦東小学校) 静岡県沼津市口野30-23
■雨天時:開催場所・時間の降水確率が50%以上、または悪天候が予想させる場合は安全を考慮しイベントを中止する場合があります。前日17:30を目安にメールにてイベントの開催有無をご連絡致します。
■申込:スルガ銀行ロードバイクプロジェクト「facebook」ページにて告知
■募集開始:8月23日(木)9:00~
■問合せ:TEL 0466-51-8497(リンケージサイクリング)

関連記事

この記事のタグ

大会・イベント情報 静岡県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載