ビンクバンク・ツアー2018 第5ステージ集団が追い付けず再びの逃げ切り劇 コルトニールセンが3人のゴール争いを制して優勝

  • 一覧

 ベルギー・オランダを舞台に開催のUCIワールドツアー「ビンクバンク・ツアー」は8月17日、第5ステージがベルギーのルウサンピエールからラナケンに至る204kmで行われ、逃げ切った3選手によるゴールスプリントをマグナス・コルトニールセン(デンマーク、アスタナ プロチーム)が制して優勝した。個人総合首位はメイン集団でフィニッシュしたマテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・メリダ)が守っている。

逃げ切った3人のゴール争いを、マグナス・コルトニールセン(デンマーク、アスタナ プロチーム)が制してUCIワールドツアー通算4勝目を挙げた © Perform Group

 この日もほぼ平坦で行われ、終盤は10kmの周回を3周してゴールとなる。第6、第7ステージはアップダウンが登場するため、いわゆるスプリンターステージはこの日が最後。レースは前半から逃げた4人に対し、メイン集団がタイム差を最大3分ほどにコントロールして、スプリント勝負をにらんで進行する展開となった。

 しかしレースが終盤近くになっても、メイン集団では落車の発生も影響してか、思うようにタイム差を縮めていくことができない。追走のペース自体は上がっているものの、先頭を走る4人もペースを上げて逃げ続ける。2分以上のタイム差をキープしたまま残り20kmを通過し、逃げ切りが現実的になってきた。

 先頭の4人はラスト5kmでヨナス・リカールト(ベルギー、スポルトヴラーンデレン・バロワーズ)がパンクで遅れたものの、ほかの3人はそのまま逃げ切り、勝利を懸けたゴールスプリントへ。2番手から21歳のユリウス・ファンデンベルグ(オランダ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)が腰を上げてスプリントを開始したが、先頭のコルトニールセンがしっかり合わせて前を譲らず、実績の差を見せつけるワールドツアー通算4勝目を挙げた。

ビンクバンク・ツアー 第5ステージ結果
1 マグナス・コルトニールセン(デンマーク、アスタナ プロチーム) 4時間39分50秒
2 ユリウス・ファンデンベルグ(オランダ、EFエデュケーションファースト・ドラパック) +0秒
3 アレクシー・グジャール(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアール)
4 ヨナス・リカールト(ベルギー、スポルトヴラーンデレン・バロワーズ) +29秒
5 カレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット) +33秒
6 マッテーオ・ペルッキ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)
7 フロリアン・セネシャル(フランス、クイックステップフロアーズ)
8 トム・デヴリーント(ベルギー、ワンティ・グループゴベール)
9 イェンス・デブシェール(ベルギー、ロット・スーダル)
10 マテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・メリダ)

個人総合順位
1 マテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・メリダ) 16時間28分51秒
2 ショーン・デビー(ベルギー、ヴェランダスウィレムス・クレラン) +3秒
3 シュテファン・キュング(スイス、BMCレーシングチーム) +22秒
4 マキシム・ヴァントメ(ベルギー、WBアクアプロテクト・ヴェランクラシック) +28秒
5 マイケル・マシューズ(オーストラリア、チーム サンウェブ) +30秒
6 タコ・ファンデルホールン(オランダ、ルームポット・ネーデルランゼ ロタレイ) +32秒
7 ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル) +36秒
8 ソーレン・クラークアンデルセン(デンマーク、チーム サンウェブ) +37秒
9 マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、クイックステップフロアーズ) +41秒
10 アレックス・ドーセット(イギリス、カチューシャ・アルペシン)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載