新製品情報2018ジャイアントが全く新しいグラベルバイク「リボルト アドバンスド」を発表

  • 一覧

 ジャイアントが長距離グラベルライディングに特化した、新しい「REVOLT ADVANCED」(リボルト アドバンスド)を発表した。完全新設計のカーボンフレームに、振動を吸収する新しいD-FUSE(ディーフューズ)ハンドルバーを、D-FUSEシートピラーとともに装備。未舗装路や悪路でもスムーズなライディングを可能にしている。

グラベルバイク「GIANT REVOLT ADVANCED」が新登場 © GIANT

グラベル特化の完全新設計フレーム

 新型リボルトのジオメトリーは、グラベル(悪路)、つまり振動の多い地形での長距離走行における、快適性と効率性を主に考慮して設計された。ジャイアントのシクロクロスバイクTCXと比較すると、スタックハイトが若干高く、リーチはさまざまな地形でのパフォーマンスに最適なものとなっている。

グラベル(悪路)での長距離ライドに特化した全く新しいカーボンフレームを採用 © GIANT

 フォークはオフセットが50mm、トレイルは74mmというグラベルに特化した設計で、舗装路では軽快に、荒れた路面では高いコントロール性をライダーに提供する。BB高は少し低めとして、ロングライドでの安定性と効率性を高めている。

 ディスクブレーキ専用設計としたことで、最大45Cのタイヤを装着可能なクリアランスを確保。平たい形状のシートステーや低くオフセットしたチェーンステーと相まって、路面からの振動を効果的に吸収する。さらにフレームには、X-DEFENDERダウンチューブプロテクターや3つのボトルケージマウント、ラックやアクセサリー用のスマートマウントシステムなど、グラベルアドベンチャーライドのための機能を多く搭載している。

グラベルレースを専門にするライアン・スティアースが、2018年夏に行われた世界有数のグラベルレース「DIRTY KANZA 200」にプロトタイプのREVOLTで出走 © GIANT

振動を吸収するD-FUSEをハンドルバーにも搭載

 ジャイアント独自のD-FUSEは、シートピラーの前面を丸い形状、後面を平らなデザインとした「D」断面の独特なチューブデザインにより、衝撃・振動の吸収性能を高めたものだ。新型リボルトに投入されたD-FUSEシートピラーは、独自の素材と形状により、最大12mmしなることで乗り心地を快適にしている。

D-FUSEシートピラーは、“しなり”の方向を積極的に作ることで、高い衝撃・振動吸収性を確保する © GIANT

 さらにリボルトでは、D-FUSEのテクノロジーを投入した新しい「CONTACT XR D-FUSE ハンドルバー」を採用。ライダーとバイクの接点であるハンドルバーとサドルの両面において、快適性を大幅に向上させた。

 従来のCONTACT SL ラウンドハンドルバーと比較して、XR D-FUSE ハンドルバーは路面からの突き上げに対して、下向き方向の動きによる快適性が10%向上し、反対にハンドルを引き上げる動作に対する剛性は20%向上している。結果として多くの衝撃や振動を吸収しながらも、スプリントやクライミング時の剛性を高めることに成功した。さらに重量も5%軽量となっている。

REVOLTはD-FUSEテクノロジーをハンドルバーにも搭載。形状もグラベルライドに最適化されている © GIANT

 またXR D-FUSE ハンドルバーは、ドロップ部分が8°外側に開いた形状で、オフロードでより広いハンドルポジションをライダーにもたらす。ハンドル上部は後ろ向きに5°の角度が付いており、オフロードでのコントロール性とオンロードでの快適性、効率性をバランスさせている。

◇         ◇

 新機軸を数多く取り込んだ、意欲的な新型リボルト。国内での価格やモデルラインナップは、8月末に発表される予定だ。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

グラベルロード ジャイアント 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載