ビンクバンク・ツアー2018 第4ステージストゥイヴェンが1kmのロングスパートを決めて優勝 トレックが鮮やかチームプレー

  • 一覧

 UCIワールドツアー「ビンクバンク・ツアー」の第4ステージが8月16日、ベルギーのブランケンベルヘからアルドーイェに至る165kmで行われ、ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)が残り1kmからの鮮やかなロングスパートに成功して、昨年大会に続く区間勝利を挙げた。個人総合首位はマテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・メリダ)がキープしている。

鮮やかなロングスパートを成功させたジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)が、ビンクバンク・ツアーで2年連続のステージ優勝 © Perform Group

 この日もコースは平坦。終盤に15kmの周回を2周してフィニッシュとなる。残り1km付近で直角コーナーが2つ連続するのが注意ポイントだ。レースは序盤から3選手が逃げたが、メイン集団が中盤の横風区間をにらんでペースを上げ、残り100kmを切ってから早くも逃げが吸収される展開となった。

 そしてレース中盤は横風での攻防。メイン集団は複数に分断されるが、決定的なものとはならず、集団はまた一つにまとまった。この後4人が逃げる展開となったが、こちらも周回コースに入るころには吸収。出入りが激しい中、リーダージャージのモホリッチが中間スプリントに絡み、ボーナスタイムを獲得することに成功した。

 終盤は残り5kmごろから、トレック・セガフレードがメイン集団の先頭で隊列を組み、積極的な動きを見せる。このまま大集団のゴールスプリントかと思われたが、残り1km手前の連続コーナーで、ストゥイヴェンがスパートをかけて単独で抜け出した。コーナーリングで直後に付けるチームメートが集団を分断することに成功。決定的な差を得たストゥイヴェンが迫り来る大集団から逃げ切り、地元ベルギーのワールドツアー勝利に会心のガッツポーズを見せた。

ビンクバンク・ツアー 第4ステージ結果
1 ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード) 3時間44分46秒
2 カレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット) +0秒
3 ゼネク・スティバル(チェコ、クイックステップフロアーズ)
4 リュディガー・ゼーリッヒ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)
5 ティモティ・デュポン(ベルギー、ワンティ・グループゴベール)
6 ジャンピエール・ドリュケール(ルクセンブルク、BMCレーシングチーム)
7 ライアン・ギボンズ(南アフリカ、チーム ディメンションデータ)
8 トム・ヴァンアスブロック(ベルギー、EFエデュケーションファースト・ドラパック)
9 ダニエル・ホールゴール(ノルウェー、グルパマ・エフデジ)
10 ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNL・ユンボ)

個人総合順位
1 マテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・メリダ) 11時間48分28秒
2 ショーン・デビー(ベルギー、ヴェランダスウィレムス・クレラン) +3秒
3 シュテファン・キュング(スイス、BMCレーシングチーム) +22秒
4 マキシム・ヴァントメ(ベルギー、WBアクアプロテクト・ヴェランクラシック) +28秒
5 マイケル・マシューズ(オーストラリア、チーム サンウェブ) +30秒
6 タコ・ファンデルホールン(オランダ、ルームポット・ネーデルランゼ ロタレイ) +32秒
7 ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル) +36秒
8 ソーレン・クラークアンデルセン(デンマーク、チーム サンウェブ) +37秒
9 マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、クイックステップフロアーズ) +41秒
10 アレックス・ドーセット(イギリス、カチューシャ・アルペシン)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載