バイクインプレッション2018高剛性の弱みを感じさせない“上れるエアロロード” チポッリーニ「NK1K」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 スプリンターとして名をはせたイタリアの名選手、マリオ・チポッリーニ(イタリア)。彼の理想を実現したブランドが、自らの名を関する「チポッリーニ」だ。超が付くほど高いフレーム剛性が特徴の同ブランドだが、今回試した「NK1K」はある程度のトルクでも扱いやすい。高剛性ながら、乗りやすさを両立させた“上れるエアロロード”をレビューした。

空力性能、剛性、軽量性をバランス良く実現したチポッリーニ「NK1K」 Photo: Masami SATOU

万能なハンドメイドイタリアン

 NK1Kは空気抵抗の削減を狙い、エアロ形状にフォーカスしたフレームとなっている。各所にカムテール形状を取り入れ、風が巻きこむ抵抗を抑制。前後タイヤに沿ったフレーム形状を採用し、高速巡航時やトップスピード域のスプリント時に効果を発揮するスタイルとなっている。また、マッシブなBBはブランドの特徴を反映し、剛性を狙ったデザインとなっている。ハンドメイドされるフレームは全てイタリア製というこだわりで、トップチューブ長に描かれた「HAND MADE IN ITALY」の文字がそれを主張する。

ヘッドセットベアリングは上側が1-1/4インチ径、下側に1-1/2インチを採用 Photo: Masami SATOU
リアタイヤに沿ったシートチューブ形状 Photo: Masami SATOU

 使用される素材は東レの高弾性カーボン繊維「T1000」を採用し、形状だけでなく、素材でもライダーのパワー伝達をサポート。フレーム重量はMサイズの未塗装状態で1120gとなる。特徴的なのはヘッドパーツだ。ステムの高さを決める際、入れるべきコラムスペーサーを最低限にできるよう、高さが異なるヘッドカバーを選択できる。コラムスペーサーを余分に入れることで、ハンドリング性能が落ちるのを防ぐためだ。ヘッドセットベアリングは上側が1-1/4インチ径、下側に1-1/2インチを採用。ボリュームのあるフォークが高速走行時のハンドリングを支える。

全てイタリア国内で製造だとアピール Photo: Masami SATOU
ブランドの特徴である“マッチョさ”を表現するBB Photo: Masami SATOU

チャレンジしてみようと思える

 NK1Kをテストしたのは同ブランドのフラッグシップモデルである「RB1K”THE ONE”」に乗った後。この2台を比べるとNK1Kがスリムに見えるが、BB周りやシートチューブの造形には迫力がある。乗り比べると、速く走らせるために大きなトルクが必要なRB1K”THE ONE”に対して、NK1Kから脚が踏み負ける感覚は薄い。もちろん、ヘッドチューブ、フォークなどを含めた全体的な剛性は他ブランドのフラッグシップモデル並みといえるだろう。しかし、このバイクならホビーレーサーでも「乗りこなせるようチャレンジしてみようかな」という気が起きるのではないか。

エアロ効果を体感しつつ、扱いやすい取り回しが魅力 Photo: Masami SATOU
高剛性だが、上りでも脚への負担が少なかった Photo: Masami SATOU

 走る場をよりトルクがかかる上りに移すとその性格が顕著に現れる。身をよじって出力をひねり出す必要はなく、スッと左右の足が次の動作に繋がり、不要な反発は少ない。緩い上りではダッシュ力に優れ、急こう配では力を抑えて登坂ができた。コラムが太いフロントフォークとフレームとのバランスに優れ、直進安定性と下りでの高いスタビリティも生んでいた。エアロロードしてラインナップされているが、シチュエーションを選ばない万能選手としてレースで活躍するだろう。

 繰り返すが、乗りやすいのはRB1K”THE ONE”と比べた時の場合だ。基本的にはある程度の脚があるライダーが乗りこなすことができるだろう。だが、細かい目のカーボンシートで仕上げられた美しい質感や、独特のじゃじゃ馬な乗り味を求める人も多いはず。所有欲を存分に満たし、乗る時間の価値を高めたいサイクリストにおススメしたい1台だった。

■チポッリーニ「NK1K」
税抜価格:640,000円(フレームセット)、700,000円(カモフラージュフレームセット)、720,000円(カラーオーダーフレームセット)
サイズ:XXS、XS、S、M、L、XL、XXL
カラー:OTTANIO SHINY、NAKED GOLD MATT、ANTHRACITE SHINY、CAMOUFLAGE GREY MATT、CAMOUFLAGE GREEN MATT、WHITE SHINY、ORANGE FLUO SHINY、TOTAL BLACK ANTHRACITE、ITALIAN CHAMPION SHINY

松尾修作
松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

関連記事

この記事のタグ

50万円以上のロードバイク

50万円~ チポッリーニ バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載