【Teamユキヤ通信】ビンクバンク・ツアー第1ステージ右肘骨折の新城幸也がコメント「笑顔で前を向いて頑張る」

  • 一覧

 バーレーン・メリダの新城幸也が8月13日、ビンクバンク・ツアーの第1ステージでスタート直後の落車に巻き込まれ、右肘の付け根付近の腕の骨を圧迫骨折した。この日のレースは走り終えたものの、翌日は出走せずに大会を去ることになった。

落車直後、自分でマシンを直し復帰しようとする新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA

 新城は落車後もレースを続行し、集団に復帰して雨の中177kmを走りきった。しかしフィニッシュしてきた新城の顔は痛みにゆがみ、本人からチームドクターへ痛みを訴え、その後病院で検査を行ったところ、骨折が判明した。

ゴール後、苦痛の表情で痛みを訴える新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA

 新城は以下のようにコメントを発表している。

 「ステージ優勝を狙えるコンディションだと確信していたので、残念でしかありません。チームや、アジア大会を控えた日本チームの皆さんに、ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ない思いです。しばらく治療に専念して、また最高のコンディションでレースに復帰できるように、笑顔で前を向いて頑張りますので、完全復活を信じて待っていてください」

 新城の今後のスケジュールについては、現時点でいったん未定となっているという。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載