前の写真へ 次の写真へ 拡大する

富士山麓と三国峠が勝負どころに獲得標高4865mの難関コースはどんな選手向き? 東京五輪ロードのコースと有力選手をプレビュー

2018/08/12 06:00更新

激坂への適性、ダウンヒル能力、スプリント力と東京五輪のコースに必要な要素をすべて高いレベルで持つジュリアン・アラフィリップ Photo : Yuzuru SUNADA
  • 一覧