東京五輪に向け環境整う別府史之がトレック・セガフレードと2年契約更新 東京五輪開催の2020年まで

  • 一覧

 UCIワールドチームのトレック・セガフレードが、所属選手の別府史之と2020年まで契約を更新したことを公式ツイッターで発表した。2020年までワールドチームに身を置くことが決定し、東京五輪に向けて高いレベルで選手活動を継続できそうだ。

ツール・ド・ポローニュに参戦する別府史之。8月6日の第3ステージにて Photo : Yuzuru SUNADA

慣れ親しんだ環境で東京五輪目指す

 別府はUSポスタルサービスと契約し、2005年に日本人初のUCIプロツアー入りを果たした選手。以降、2008年にスキル・シマノプロフェッショナルサイクリングチーム、2010年にチーム・レディオシャック、2012年にグリーンエッジへ移籍。2014年から現所属チームの母体となるトレック・ファクトリーレーシングへ移っている。

 今回の契約更新の発表により、トレック・セガフレードは別府自身にとって、最も長く在籍するチームであり、ハイレベルかつ慣れ親しんだ環境で東京五輪ロードレースに向けた準備を進めることになる。別府は1983年4月生まれ。37歳で2020年の東京五輪を迎えることになるが、サイクリストが昨年、別府に行ったインタビューでも東京五輪に向けた意気込みを語っており、やる気は十分だ。

 今回の契約更新に合わせ、トレック・セガフレードの公式ツイッターアカウントは「東京五輪が開催される2020年までトレック・セガフレードと契約を更新できて大変うれしく思っている」と別府の喜びの声を紹介している。

関連記事

この記事のタグ

トレック トレックセガフレード 別府史之

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載